カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

901冊目 ベストセラー「殺人」事件
ベストセラー「殺人」事件 (扶桑社ミステリー)ベストセラー「殺人」事件 (扶桑社ミステリー)
(2003/06)
エリザベス ピーターズ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 ベストセラー『氷のなかに裸で』の著者、キャスリーン・ダーシーが謎の失踪を遂げて7年、法律的に彼女の死が認められた。彼女は自殺し、何らかの理由により死体は発見されていない。それが公式見解となったのである。

 そうとなると、ベストセラーの続編を巡る動きも生じることになる。

 主人公のジャクリーンは続編を書く候補の一人に選ばれ、キャスリーンの故郷に赴くが、そこで奇妙な事件に巻き込まれ始める。調査を進めるうちに、キャスリーンにも同じことが起こっていたことが分かり、事件は奇妙な様相を帯びることになる。そして、遂に殺人が。

 ジャクリーンは続編を上手くまとめながら、自分の身に降りかかる火の粉を払うことができるだろうか。そして、キャスリーン失踪の謎は解けるか。

 密室ものではないし、そもそも事の発端となったキャスリーン・ダーシー行方不明事件については情報があまり無い状態で、アリバイ等を考慮するタイプの小説ではない。その分だけ、キャラクターの個性が作品に入り込めるかどうかが重要となるだろう。

 その点で、主人公は豪快で物怖じしない性格という、会話の妙を味わえる性格付けをされているのはポイントが高い。皮肉や嫌味は、自分が言われると気分が悪いけれども、第三者が言われる分には、とりわけその第三者がダメな奴であるほど、溜飲が下がるというもの。ユーモアが随所にちりばめられていて、つい笑みを浮かべてしまうことも多かった。

 そうでありながら、主人公の個性にだけ頼るようなことはしていない。キャスリーンと人々との関係や、彼らがジャクリーンとどう接するか等、細かく設定付けされている。アガサ賞を受賞したというのも頷ける作品だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2011/01/10(月) 22:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。