カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

161冊目 生命進化8つの謎
生命進化8つの謎

ジョン・メイナード・スミス著 / エオルシュ・サトマーリ著 / 長野 敬訳

朝日新聞社 (2001.12)

\2,100

評価:☆☆

 ジョン・メイナード=スミスに惹かれて買った本。

 本書は大変な意欲作である。なにしろ、無生物から生物が生まれるところから、人間で言語が発達するまでの歴史を取り上げているのだから。

 複雑な分子であるDNAが突如誕生したわけではなく、人間や象のような複雑な生物が最初に誕生したわけでもない。化学進化を経て、単純な自己複製機能を持つ組織が誕生した。進化の力はやがて複雑な生命を生み出していったのである。

 そこに8つの謎を設定し、生命がどのような軌跡を辿ってきたのかを明らかにしている。

 だが、訳文が悪いのか原文が悪いのかは分からないが、イマイチ魅力を感じられない。話題が話題なので、面白い点も沢山あるのだが、引き込まれるような魅力に欠ける。文章が無駄に難解なのもマイナス。

 また、分子生物学の基礎的な知識がなければ読むのが辛いところもあり、読者のレベルにあっていないように思われる。私のレベルが低いというのは措いておくとしても、難解すぎるように思う。

 同じ話題であれば、もっと面白い本は沢山あると思う。これよりも、『生命最初の30億年』をお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2006/07/13(木) 23:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。