カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

898冊目 笑ってる場合
笑ってる場合 (集英社文庫)笑ってる場合 (集英社文庫)
(2002/06/20)
原田 宗典

商品詳細を見る


評価:☆☆


 やっぱり人生には笑いが必要!

 というわけで、手に取ったのは笑えそうなエッセイ。ええ、笑ってる場合ですよ。笑いさえあれば、辛い時だって乗り越えられるわけだから。だからスターリンのソ連でもジョークは流行ったわけです。命がけの。

 と思ったのだけれども、この本は人を選ぶんじゃあなかろうか、と思った。多分だけれども、それは時代をちょっと感じさせるところにあると思う。多分、著者と同じ時代を過ごした人には面白いのだろう。オソマツ君に出てきたイヤミの「シェー」の話なんて、ナウなヤングの間ではトレンディーではないどころか、聞いたことも無い世界です。

 多分、笑いには意外性が必要なんです。例えばこれを見てみてください。

 絶妙なコーラスワークで奏でられる曲ながら、その出だしから私と同年代の人は笑えるはず。で、元が分からない人には笑えない。

 この出だしの意外さのような面白さが感じられなかったのがちょっと残念。

 かるーく読めるのは間違いないので、著者のファンの方は読んで見ても良いかも知れない。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2010/12/22(水) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。