カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

894冊目 エジプト王国三千年―興亡とその精神
エジプト王国三千年―興亡とその精神 (講談社選書メチエ)エジプト王国三千年―興亡とその精神 (講談社選書メチエ)
(2000/08)
吉成 薫

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 エジプトと言えば、ミイラ。と、小学生並みの関連付けになってしまったが、それでもエジプトといって想像するのはミイラなのだ。

 古代のエジプトにおいて、死後の魂が帰るところとして遺体は重要な意味を持っていた。だから、遺体を保存する手段として乾燥保存の技法が研究された。が、彼らは脳を不要な器官と考えていたらしく、脳は除去されていたので、魂は帰ってきても考えることすらできず苦労することであろう。もっとも、苦労している自覚も得られないだろうが。

 それは兎も角、ミイラとピラミッドとスフィンクスしか知られていないというのはエジプトにとっても不幸なことではないだろうか。そう思って、エジプト三千年の歴史を一冊で概観してしまおう、という大胆な本書を手に取った次第。

 しかし、著者の願いとは裏腹に、入門書としては向いていないように思った。

 まず、原義に忠実にしようとする余りだろう、一般的ではない言葉が選択されているのが残念。例えば、最も有名なエジプト人であるツタンカーメン王は、トゥトアンクアメンと表記される。彼の名は、アメン神と深く結びついている。というのも、先代の王がアテンという別の神への信仰を強制する宗教改革を起こし、その死後に反動が起こったために再びアメン神への信仰に戻ったため、アメン神への信仰へ回帰させた功績を含めた名としてツタンカーメンが用いられたのだ。

 このアメン神についてのことは本書で詳述されているのではあるが、どうにも回りくどくて全体像が掴みにくい。

 一方、歴史を彩る英雄たちに割かれているページは面白い。ラムセス2世アブ・シンベル神殿建築でも知られるこの王が、ヒッタイトと戦ったカデシュの戦いについては戦史として興味深いので、多くの方が興味を持って読めると思う。

 神話の時代から始まる本書は、最終的にエジプト王国は、クレオパトラを最後の王としてローマに滅ぼされて終わることになる。一冊でこれだけの時間と、文化を取り上げているのはものすごく労力を必要としたことだろう。

 ただ、やはり手を広げすぎているためか、流れが速すぎて頭に入りにくいのは残念。また、文化史になると時代を遡るなど、飲み込みにくいところがある。時代に沿った構成が為されていたらもっと分かりやすかったのではないか。

 ともあれ、エジプト史という馴染みの無い分野を、こうして覗かせてくれるのは嬉しい。機会があればまたエジプト史の本を手にとって見たいと思った。


 ラムセス2世に興味を持たれた方へはこちらもどうぞ。



関連書籍:
クレオパトラ 謎の海底宮殿 (講談社プラスアルファ文庫)クレオパトラ 謎の海底宮殿 (講談社プラスアルファ文庫)
(2003/11)
BS‐i(TBS系)海底遺跡取材班

商品詳細を見る


ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)
(2008/06/01)
レスリー・アドキンズ、ロイ・アドキンズ 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2010/12/10(金) 22:22 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。