FC2ブログ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
160冊目 憂国のスパイ
憂国のスパイ

ゴードン・トーマス著 / 東江 一紀訳

光文社 (1999.7)

\2,100

評価:☆☆☆☆☆

 世界最強の諜報機関といえば、どこだろうか。職員を万単位で数えるかつてのKGB?いや、ちがう。CIA?あるいはNSA?それも間違いだ。その栄誉を担うのは、わずか2,000人あまりの工作員からなるイスラエルのモサドこそ相応しいだろう。

 アルゼンチンに身を潜めていたナチスのアドルフ・アイヒマン誘拐、イラクのミグ21奪取、ミュンヘンオリンピック事件の犯人暗殺のように関与が知られたものから、クリントンのテレホンセックス盗聴、ダイアナ妃事件、イツハク・ラビン首相暗殺事件のように知られていないものまで実に多くの事件にモサドは関わってきた。敵国の中枢にまで工作員はもぐりこんだ。

 イスラエルが核武装するにあたり、核の査察で核兵器開発が分からないように隠蔽し、サダトが仕掛けたスエズ運河急襲も事前に情報を察知していた。イラン・コントラ事件に関わり、あるときは法王庁に、またあるときはCIAに、果てはKGBにも接近し、目的を達成してきた。

 彼kらは国内外を問わず、沈着で冷酷な工作を多数行い、その多くで全く証拠を残さなかった。敵に囲まれたイスラエルを守り抜くという理念と不屈の意思と恐るべきテクニックを武器に。

 本書はそんなモサドの活動を生々しい事件を振り返りながら、秘密に包まれたこの組織の歴史を追う。

 読み終わったあとでは、世界はこれまでのような単純なものではなく、悪意と暴力に満ちた組織同士が覇権と生死を巡って争う闇を内包していることに嫌でも気づかされるだろう。そこにあるのは利己主義とリアリズム、そして暴力の行使を厭わない組織の数々なのである。

 闇に包まれた諜報組織、モサドはどのように生まれ、どのような工作を行ってきたのか。また、その結果どのようなことが起こったのか。多くの謎を解き明かし、未解決の事件に光を当てていることで本書の価値はひときわ高いものといえるだろう。

 なお、モサドや諜報機関およびイスラエルについては下記の本も面白かったのでお勧めしたい。

ミュンヘンオリンピック事件の犯人との戦いを描いた『ミュンヘン

巨大な傍受網を築き上げたアメリカのNSAの実態に迫った『すべては傍受されている

CIAが官僚組織へと変貌した歴史を怒りとともに告発する『CIAは何をしていた?

NSAによる傍受の中心をなしているエシュロンについての『エシュロン

イスラエルに手痛い打撃を与え、エジプトとの和平を余儀なくさせた第四次中東戦争など、幾つかの戦争を概観している『戦略の本質
関連記事
スポンサーサイト




ノンフィクション | 2006/07/11(火) 23:16 | Trackback:(0) | Comments:(5)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

拙ブログにコメントありがとうございました。科学はまったくわからないのですが、それ以外でも興味深い本をたくさん読まれてますね。ぜひこの中からいくつか購入して読んでみます。
これからも時々お付き合いさせていただければ幸いです。失礼しました。
2006/07/12 水 21:34:33 | URL | VIVA #-編集
わざわざお越しくださり、ありがとうございます。

VIVAさんのサイトで取り上げられている本も実に面白そうで、もう幾つか買う予定を立てております。
読みましたらお邪魔して感想を報告しますね。

VIVAさんももしお読みになりましたら、TBででも一言いただければ嬉しく思います。
2006/07/13 木 00:10:48 | URL | すかいらいたあ #-編集
これからもどうぞよろしくお願いします。
2006/07/13 木 16:02:26 | URL | VIVA #-編集

スパイ本大好きな私はこれを買いに行かねば・・・

ミュンヘンも面白そう。

時間確保が大変だわね
2006/07/19 水 19:44:55 | URL | 玄ちゃん #-編集
玄ちゃんはスパイ好きでしたか。
でも、ジェームズ・ボンドみたいな世界とは違いますよ?(笑)
エリー・コーエンの活躍なんかは私も知っていたのですが、その他の話は知らなかったことも多く、楽しめました。

諜報の世界は奥が深いと思わされます。
ターゲットにはなりたくないものですね。
2006/07/19 水 23:44:05 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する