FC2ブログ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
890冊目 カラクリ荘の異人たち もしくは賽河原町奇談
カラクリ荘の異人たち?もしくは賽河原町奇談? (GA文庫 し 3-1)カラクリ荘の異人たち?もしくは賽河原町奇談? (GA文庫 し 3-1)
(2007/07/12)
霜島 ケイ

商品詳細を見る


評価:☆☆

 ファンタジーにおいて、異世界ものはひとつのジャンルを為している。『不思議の国のアリス不思議の国のアリス (新潮文庫)』やジュール・ヴェルヌの『地底旅行』に代表される穴を抜けるとそこは別世界だったというものもあれば、ドイルの『失われた世界失われた世界 (ハヤカワ文庫SF)』や『ジャングル大帝ジャングル大帝レオ (秋田文庫)』のように人跡未踏の地に不思議な世界があるというものもあれば、四次元以上の高次元の作用とかなんとか良く分からないけれども科学的な装いで異世界に連れ込むものもあれば、バック・トゥ・ザ・フューチャーや『漂流教室漂流教室 (1) (小学館文庫)』のように何らかの理由でタイムスリップしてしまったというようなものもある。

 そんなパターンの一つに、とある家が丸々異世界である、あるいは異世界と繋がっているというものがある。枚挙に暇がないのであるが、強いて挙げるなら『アコニーACONY(1) (アフタヌーンKC)とか。『めぞん一刻めぞん一刻 全10巻完結コミックセット (小学館文庫)』を入れても良いかもしれない※※
※マニアックすぎて分かる人が少ないと思います
※※良くないと思います。でも、四谷さんが人間離れしているのは同意いただけますよね?

 この手の異世界ものは日本家屋で起こるものと相場が決まっている。長屋、あるいは、トイレ風呂共同の木造の家である。見立て殺人は洋館で起こり最後は洋館が燃え落ちることで幕を閉じる、あるいは殺人犯は崖の上でえんえんたらたらと事件の背景を喋り捲るが(追い詰めた人はその間何もせず、最終的に犯人は崖から落ちて物語りはフィナーレを迎える)が、それと同じで物語にはそれに相応しい舞台があるのかもしれない。

 主人公は異世界への扉ともなっているカラクリ荘に住むことになる。もちろん、情緒をわきまえたことに、古い日本家屋。そしてそこにすむのは奇人変人。しかも、カラクリ荘からは自在に異世界へ行けるとなれば、主人公の日常が非日常的なものになるのは避けられない。

 変な世界と現世を行き来する、ちょっと変な人々との暮らしの果てに、主人公は何を見るか。

 思うに、異世界ものはその世界の在り方を面白いと思うか否かで受け入れられるかどうかが決まる。奇人変人も同じで、余りに常軌を逸していると、もう共感の対象では無くなってしまう。その点、本書は良いポジションで踏みとどまっているかもしれないと思った。ただ、イマイチ物語に引き込まれる要素が無かったのが残念。
関連記事
スポンサーサイト




SF・ファンタジー | 2010/12/02(木) 22:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する