カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

869冊目 イラスト図説「あっ!」と驚く動物の子育て 厳しい自然で生き抜く知恵
イラスト図説「あっ!」と驚く動物の子育て (ブルーバックス)イラスト図説「あっ!」と驚く動物の子育て (ブルーバックス)
(2006/05/18)
長澤 信城

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 生物が生きる目的は、子孫を残すためである。それゆえ、子孫を残すための様々な手段が編み出されてきた。

 表紙にあるエンペラーペンギンは、厳冬の南極で生まれ、子育てをして、死んでいく。しかも、何を考えたか、その繁殖地は餌場から50キロほども離れたところだという。ヨチヨチ歩きで50キロを歩こうとすると、当然物凄い時間がかかる。そのため、卵を産み終わったメスが食事に行く間、なんとオスは120日間もの間、飲まず食わずで抱卵するという。

 120日の絶食ダイエットの効果は抜群で、オスは見る影も無くやせ細る、という。ダイエットをしたい皆さん、決してマネしてはダメですよ。人間なら死にます。

 それはともあれ、このやせ細った配偶者を、メスは確実に見分けることができるという。その後、雛は雛だけの集団を作るのだが、ここに親が餌を運んでくると、雛はきちんと自分の親のところに行き、親は子を見分けるという。その見分けるメカニズムは、鳴き声を聞き分ける点にあるというから驚きだ。しかも、このシステムは雛がまだ卵から孵る前に働き始めるという。

 こうした、両親が子育てをする動物もいれば、片親だけに世話を頼るものも居る。カッコウのように托卵して赤の他鳥に子を育ててもらうものも知られているが、肴でも同じことをするのが居るとは知らなかった。親が死んでしまったらヘルパーが代わってくれるという鳥も居れば、シャチはオスが若者の訓練に当たるという。かと思えば、ハヌマンラングールやライオンのように、新しくリーダーになったオスが群れの赤ん坊を殺してしまう場合すらある。

 改めて生物の奥深さに凄さを感じた。知れば知れほど、これほどまでに精緻なシステムを生み出した自然に感服する。写真と絵で、子育ての姿を実感できるのも嬉しい。生物の面白さと美しさを知るのに、実に手ごろな一冊だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2010/09/28(火) 23:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。