FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
866冊目 嘘発見器よ永遠なれ
嘘発見器よ永遠なれ嘘発見器よ永遠なれ
(2008/04/22)
ケン オールダー

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆

 アメリカの映画やドラマで広く取り上げられているこの装置を知らない方は少ないだろう。その嘘発見器を取り上げた本書のタイトルから、強烈にアメリカの物語であることが伝わってくる。それもそのはず、嘘発見器はアメリカで生まれ、事実上アメリカでしか用いられていない技術なのである。

 なぜ、嘘発見器はアメリカ以外の国で広く使われないのか。一つには、嘘発見器がその名に反して、嘘を見抜く装置ではないことが挙げられよう。本書でも繰り返し説かれているが、嘘発見器が示すのは、嘘発見器に掛けられた人物が信じているかどうかを明らかにする装置に過ぎない。要するに誤ったことでも確信さえ持っていれば嘘発見器では見破れない、ということだ。加えて、嘘を付くときのストレスを計測する技術であることの限界もある。つまり、嘘を付いていなくとも、質問にストレスを感じれば嘘発見器は反応してしまう。

 催眠療法により捏造された記憶を元に、娘から性的虐待を訴えられた父親が、記憶を”回復”(実際は作られた記憶に過ぎない)した際に、荒唐無稽な話を嘘発見器は見破れなかったことが『悪魔を思い出す娘たち』で明らかにされている。

 そのため、社会に浸透しているかに見えるアメリカでも、裁判で嘘発見器の記録を証拠として提出することはできないのである。

 本書は、この誰もが知り、社会に広く拡散していながらも未だに科学ではないとされてしまう不思議な装置、嘘発見器の歴史を追っている。

 嘘発見器を開発したのは、ジョン・ラーソンというアメリカ初の博士号を持つ警官だった。だが、それを広めたのはレナード・キーラーという、ラーソンの一番弟子だった。二人は嘘発見器の驚くべき力と、その限界を把握していた。その上で、ラーソンは精神病への治療に用いることができないかと考え、キーラーは嘘やはったりを用いてでも捜査に用いられるよう骨を折った。二人により嘘発見器は世に放たれ、皮肉なことに二人の人生は嘘発見器に振り回されてしまったように見える。

 著者は徹底した取材で、ラーソンとキーラーの人生をあぶりだしている。嘘発見器に何を見て、嘘発見器がどう用いられるべきか、二人の意見は悉く食い違う。厄介なのは、どちらにもそれなりの筋があり、論理があることだろう。読者もどちらの側に好意を感じるか、あるいはどちらを正しいと考えるかの判断は分かれるだろう。そして、嘘発見器がなんともアメリカらしい発明であることに驚かされると思う。

 私が驚いたのは、アメリカ内で嘘発見器が実に多様な使われ方をしてきた、ということ。警察での取り調べについては勿論知っていたが、企業が従業員の忠誠度を計るためにまで使用していたのは知らなかった。政府機関からゲイを追放するために使われたことも。嘘発見器が恐るべき踏み絵と化していた事実には多少の恐ろしさも感じずには居られなかった。心の中を測定する機械の恐ろしさを知らしめるのに、嘘発見器は先陣を切ったのだろう。嘘発見器よりも洗練されたように見える技術は次々開発されていく。しかし、そこには常に解釈が絡んでいるという現実を忘れないようにしたいと思った。


関連書籍:
万物の尺度を求めて―メートル法を定めた子午線大計測万物の尺度を求めて―メートル法を定めた子午線大計測
(2006/03/23)
ケン オールダー

商品詳細を見る


悪魔を思い出す娘たち―よみがえる性的虐待の「記憶」悪魔を思い出す娘たち―よみがえる性的虐待の「記憶」
(1999/03)
ローレンス ライト

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト




ノンフィクション | 2010/09/21(火) 23:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する