カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

845冊目 新聞のわび状―「訂正記事」のウラ話
新聞のわび状―「訂正記事」のウラ話 (1982年)新聞のわび状―「訂正記事」のウラ話 (1982年)
(1982/03)
諸岡 達一

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 新聞の片隅に、毎日のように小さく出る訂正記事。誤字に過ぎないものから少なからぬ影響を与えてしまうものまで、大小のレベルはあるにしても、事実を伝えるべき新聞としては侘びを入れなければならないものだ。

 訂正記事には、確かに新聞社が世間からの批判に対して向き合うという面があるのは事実だと思う。特に、誤報によって被害を蒙ってしまった方にとっては切実な問題だろう。しかし、本書を読んでも、実に些細な、枝葉末節の部分のものが多すぎるように感じられてならなかった。

 そう書けば反論があるかも知れない。極めて重大な件に関しては幾重ものチェック機構が働いているため、些細なことに誤報が集中するのだ、と。

 しかし、この業界をちょっと眺めれば、それが間違いであるように思われる。新聞社は、当然の仕事として独自の取材を行ってはいる。が、情報源の少なからずは公的組織である。所謂、記者クラブという奴だ。この記者クラブが大新聞社が排他的に情報を独占できる機関として君臨しているのは広く知られている。

 となると、公官庁の都合の悪い情報は新聞には流れない。彼らがリードしたい方向に沿った情報しか出ないとなれば、新聞もそれに追従せざるを得ないではないか。結果として、中立な立場の新聞社が書いた記事なのか、はたまた事件や疑獄の当事者である公官庁側の主張なのか、読む人に疑いを持たせるような記事が出る。

 こうした背景で出る”誤報”こそ、マスコミとして最も取り組まなければならないことじゃないかと、少なくとも私は思う。本書でも触れられている、世田谷・2歳児餓死事件は、その典型的なものではないか。警察発表にのみ依拠した報道は誤報としか言いようの無いものであり、結果として報道された方を自殺に追いやってしまったのだ。

 現状に対し、内部からの批判があればもっと良かったと思う。その一方で、この漢字は間違えちゃうよなとか、そんなの間違うなよとか、外野から楽しむことのできるものは多かった。マスコミ論として読むのではなく、ぼやきとして見るなら楽しく読めると思う。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2010/07/31(土) 23:08 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。