カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

835冊目 戦国名臣列伝
戦国名臣列伝 (文春文庫)戦国名臣列伝 (文春文庫)
(2008/04/10)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 春秋、戦国時代に活躍した16人の名臣の姿を描く短編集。16名は以下の通り。

越  范蠡
魏  呉起
楚  屈原
燕  蘇秦、楽毅
斉  孫臏、田単
趙  藺相如、廉頗、趙奢
秦  商鞅、魏冉、白起、范雎、呂不韋、王翦

 こうして国別に見ていくと、圧倒的に秦が多く、1/3以上に当たる6名が取り上げられている。いずれも秦の統一に向けて、無くてはならなかった人物が揃っている。一方、他国に目を転じるとやや寂しさが目に付く。趙の3人は確かに名臣ぞろいだが、彼らが活躍したのは既に秦の一強が成立した後で、つまるところは防衛でしか活躍していない。

 范蠡は呉越の熾烈な戦いを越の勝利に導きながら、主君の人間性を信用できず国を去り、呉起は変法で魏と楚を強国にするべく目覚しい働きをしたが、庇護者である主君亡き後、改革は全て泡と消えた。それどころか、反対派から殺害されるに至る。楽毅は弱国の燕を率いて強国の斉を滅ぼす直前まで辿り着いたものの、これまた主君が死去したことによって失脚。燕は田単の計略によって再び元の版図を取り戻すに至る。その田単も国を追われる羽目に。

 癖の強い人々を上手く使いこなしたことが、秦の統一の理由なのだろうか。秦だけが改革を後戻りさせなかった印象を受ける。勝者による歴史だから他国の事情を貶めているせいかもしれないけれども。

 こうした一癖も二癖もある人物を丁寧に描いている。情報の一つ一つが丁寧に集められているのがはっきりわかるのが魅力だと思う。史記以外からも広く情報が収集されているので、司馬遷が描く姿との違いを楽しむこともできる。

 戦国時代で、なおかつ各国間を人々がかなり自由に往来していたことが、この時代と人々をスケールの大きい魅力的なものにしていると思う。

 ただ、人物の伝記のため、春秋戦国時代の流れを掴むことはできない。背景を一通り知っておいた方が楽しめるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

中国史 | 2010/06/27(日) 19:36 | Trackback:(0) | Comments:(4)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

おはようございます。
秦墨の活躍と最期を扱ったマニアックなものは無いもんでしょうか。
2010/06/28 月 08:44:09 | URL | LiX #4p5knda6編集
Lixさん、こんばんは。

すみません、私は『<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101281122/skywriterbook-22/ref=nosim/" target="_blank">墨攻</a>』くらいしか思い浮かびません。
映画はびっくりするくらい歴史を分かってないアレな話でしたが・・・・・・(笑)

あとは、松岡正剛さんのところを参考にされてはいかがでしょうか?
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0817.html
2010/06/29 火 00:09:24 | URL | Skywriter #-編集
無茶な注文をして申し訳ありません。中国の思想シリーズだったかの『墨子』を読んで、『墨攻』を読んで、最後に松岡正剛さんのところを見て、秦墨は最後どうなったのかよう分からんと嘆いていたところでしたが、分からないものは分からないということですね。
2010/07/31 土 09:41:51 | URL | LiX #4p5knda6編集
私も随分前に墨子に興味を持って関連する本を幾つか読んだのですが、墨家集団の末路については分からず仕舞いでした。

始皇帝による焚書、儒教一辺倒による他の思想軽視等によって散逸してしまったのでしょうね。残念なことです。

もし何か分かったことがあれば、ご教示いただければ幸いです。
2010/08/11 水 23:05:47 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。