カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

825冊目 悪の哲学ノート
悪の哲学ノート悪の哲学ノート
(1994/11)
中村 雄二郎

商品詳細を見る


評価:☆☆


 悪とは何者なのか。その定義を巡って、色々な人が色々なことを考えてきた。その変遷を知りたくて、本書を買ったのじゃあないかなあと愚考する次第です。

 というのも、これ、買ったのがもう10年以上前なんで、何故に読もうと思ったのかは記憶の遥か彼方に追いやられた挙句、トコロテン方式でもう脳内から存在しなくなっているわけです。そりゃあもうすっぱりと。

 ともあれ、今のわたくしめと致しましては、悪なり善なりといった抽象的なものをきっちり定義付けするのは不可能と思っている。ある人にとっては正しいことが、別の人にとっては悪のことだって沢山ある。殺人でさえ、正当防衛なら罪に問われないし、敵討ちであればむしろ溜飲が下がることだってあるだろう。

 そう思いながら読んだのであるが、結果としては自分の考えを変えるには至らなかった。なんというか、無駄に複雑なため衒学的になっており、素人を考えさせる力は余り無いのではないかと思う。だから哲学はもう終わった(その死体にいつまでもすがり付いている人々がいるのは認めるとして)のだろう。

 後半は文学作品で語られる悪についての評論となっている。まあ、それは読んだ人の主観の問題なので、特に言うべきことは無い。むしろ、元になる本を読んでいなければ意味が無いなあといったところ。ちなみに、取り上げられているのはドストエフスキーの『悪霊』と『白痴』。これらに感銘を受けた方は、読み込みを深める一環として読んでも良いかも。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2010/05/30(日) 23:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。