FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

822冊目 世界の歴史〈20〉近代イスラームの挑戦
世界の歴史〈20〉近代イスラームの挑戦 (中公文庫)世界の歴史〈20〉近代イスラームの挑戦 (中公文庫)
(2008/02)
山内 昌之

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 イスラーム社会は、西はアフリカから東は東南アジア、南はサハラを越え、北はロシアにまで影響を及ぼす、空間的にも時間的にも大きな広がりを持った地域である。

 かつてイスラームは世界最先端の文明を誇った。金融分野の発展は著しく、小切手制度(小切手を表すチェックという単語も)はイスラームに由来する。ギリシア哲学はヨーロッパで異端とされて命脈を保てなかったのがイスラームで保存されていたことは広く知られているだろう。天文でも少なからぬ貢献を成し遂げてもいる。

 ところが、西洋の急速な発展は、イスラームにとって大きな脅威となった。地理的に隣接している分、他の地域よりも深刻だった面もあるだろう。本書は、近代史においてイスラームが西洋からの圧力を受けながら、どのように進んできたのかを纏めようとする意欲作である。

 先に書いたとおり、イスラーム社会は余りに広いため、本書で扱われているのはオスマン帝国を中心に、その周辺の状況である。とりわけ、近代史において重大なプレーヤーであったエジプトの解説は嬉しい。

 それにしても、西洋の膨張は他地域にとって歓迎できないものだったと改めて思う。張り巡らされる陰謀、暗躍する外交官や商人、圧倒的な武力を背景にした干渉。サブタイトルは近代イスラームの「挑戦」なのに、読めば読むほど「没落」が感じられて仕方が無かった。それでも、近代イスラームが辿った過酷な道筋が良く纏められていて読み応えがあった。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2010/05/25(火) 23:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。