FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
816冊目 & 817冊目 ジェネラル・ルージュの凱旋 上下
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂 尊

商品詳細を見る


ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂 尊

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 前作、『ナイチンゲールの沈黙』と同時並行で、東城大学医学部付属病院に一つの問題が起こっていた。不定愁訴外来、通称愚痴外来の万年講師・田口の元へ、救急センター部長・速見が業者から賄賂を受け取っているという匿名の告発文書が届いたのである。

 我らが田口講師は、いつも通りに貧乏くじを引かされ、大学の動機でもある速水の疑惑調査に乗り出すことになる。告発された内容は事実なのか。そして、誰が何の目的で告発を行ったのか。それが物語り最大の謎になる。
 
 だんだんミステリーというよりもキャラクター小説になってきた気がする。今作では、焦点が当てられる事件そのものは真相が分かる仕組みになっていて、あとはどう着地するかが問題である。

 救急救命が抱える問題というのも、その手の話に興味がある方なら広く知られているもの(採算が合わない、激務、人が居ない)であり、目新しさは感じないのではないか。

 それでも一気に読ませる迫力があるので、やはり面白いのは間違いないと思う。チーム・バチスタを読んで面白いと思った方は詠む価値があるだろう。一方で、今作から手に取ろうという方には全くお勧めができないのも事実。シリーズ者の難しさだろうか。
関連記事
スポンサーサイト




推理小説 | 2010/05/09(日) 22:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する