カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

54冊目 NHKスペシャル文明の道 4
NHKスペシャル文明の道 4

NHK「文明の道」プロジェクト〔ほか〕著

日本放送出版協会 (2004.1)

\1,995

評価:☆☆☆☆


 現在イスラムと聞いたらなにを連想するだろうか。多くの人は原理主義といった極端な主張を唱える一部の偏狭な人々を想起するだろし、また同時に石油の産出国といった経済的な側面を思い浮かべる人もいるだろう。世界最多のイスラム教徒を擁するインドネシアを思い浮かべる方もいるかもしれない。しかし、文明の擁護者としてのイスラムを想起する人は少ないのではなかろうか。

 中世においては、現在多くの日本人が抱くイメージとは違って、イスラムこそ多くの文明に対して開かれた態度をとっており、キリスト教の方がむしろ急進的で宗教的に偏狭な態度を取り続けていた。イスラムが多くの宗教や文明に対して寛容な態度を示していたのは中東という地域が、そこ自体がメソポタミア文明以来の文化の地であったことに加えてエジプトやインド、ヨーロッパ、中国などの文明と隣り合わせの場所に存在したことが非常に大きい。多くの文明に触れなければ、寛容な姿勢は生まれないのだから。

 本書は、そんなイスラムの社会がどのように成立したのかを通史的に説く。この手の本にありがちな、様々な事象をできるだけ説明しようとして結局中途半端になってしまうという幣に陥らなかったのは実に見事で、いくつかのテーマは深く掘り下げ、それと同時に個別ではあっても多くのテーマについて述べているのは読んでいて実に面白い。例えば円形都市バグダットの都市構造や、千一夜物語にはインド人や中国人と思われる雑多な人々の活躍が描かれている、あるいはイスラムがインド由来のゼロなどを含めた数学の発展に寄与して来たことなどはあっさりと流している。そんななかで、多くの紙幅を裂いているテーマがある。それこそ、本書が生まれるきっかけとなった”文明の道”としてのイスラムの姿を垣間見る一つの窓である、十字軍について、である。

 十字軍は周知の通り聖地エルサレムをイスラム教徒の手からキリスト教徒の手に取り戻すために行われた戦争である。ざっくり纏めてしまうと、キリスト教徒側は一時エルサレムを占拠するがその他の地域の占領までは手が回らず、時にイスラム勢力がエルサレムを奪回するといったシーソーゲームが続く。この時代については獅子心王リチャード1世やサッラーフ・アッディーン(サラディン)の活躍によって比較的知られていると思われる。

 ところがこの十字軍の時代、干戈を交えることなく交渉によってイスラムからエルサレムの統治権を譲り受けた人物がいる。その人物こそ、フリードリッヒ2世。なぜフリードリッヒ2世にはそのようなことができたのか、ということには彼の生い立ちやイスラム側の事情といった偶然の要素が少なからず見られるが、それでもこの事実を追いかけていくとイスラムがどれほど豊かな文明を育んでいたのかがよく分かるのである。文明の交差する中東に、どのような文化が花開き、どのような歴史を送ったのか。中東でごたごたが起こっている現在、そのような過去を知っておくのは現在を知ることにもつながるのではなかろうか。歴史に興味があるなら強くお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2005/03/28(月) 14:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。