カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

51冊目 セックスボランティア
セックスボランティア

河合 香織著

新潮社 (2004.6)

\1,575

評価:☆☆☆☆


 人間誰しも性欲はある。勿論、障害者にだって。しかし、恥ずかしいことに私は本書を手に取るまで障害者の性について存在することに気をかけたことすらなかった。書評で眺めて以来、いつか読まなければと思っていたが、読み始めてすぐに言葉を失うような話に幾つもめぐり合った。

 新生児黄疸によって生まれてすぐに脳性麻痺となった竹田さんは、戦後の引き上げ後独学で文字を学んだ。母親からも障害者は恋をしてはいけない、と言われていたそうだ。そんな彼はソープランドに行くことを楽しみにしている。50代で、はじめて女性を抱いた。15年間恋をした相手が、事故で亡くなってから。その相手とは、キスを一度したきりだという。告白すらできなかったのは、自分の体が不自由であることから相手の負担になることを恐れたためだ。麻痺が進み、自慰すらできなくなった竹田さんの、自慰介護から本書は始まる。

 竹田さんは15年恋した彼女とのことについて、こういったそうだ。「イチド デ イイカラ カノジョ ト セックス シタ・・・・・・カッタ」
 そしてまた、 「おんな の こ と あそびに いきたかった けっこんも したかった こども も ほしかった きょういくも うけたかった でも そう おもうことさえ ゆるされなかった」、と。
 障害者には、人としてごくごくありふれた幸せを追いかけることすら許されなかった。いや、今も、許されてはいないのかもしれない。

 本書は、障害者たちをとりまく社会状況は勿論、障害者相手に風俗サービスを行う業者や、サービスを受ける障害者への取材、性に対する取り組みで先進的なオランダの事情などについて語ることで障害者とセックスについて大まかに現状を纏め、将来取りうる道を模索している。自ら障害を持ちながら、サービスをする側に回る女性。ボランティアでの性交を試みる男女。サービスを提供する側の思い、そして提供される側の思いは様々だが、どれも読むまでは想像すらしたことがなかったことばかりで圧倒される。

 人間は奇麗事だけで生きているわけじゃない。欲求や欲望は誰にだってある。障害者をそういった当たり前の人間として扱わず、箱物だけつくって終わりにする時代はもう終わっても良いように思う。

 こういった問題に、正解はないだろう。特別扱いするのでもなく、無視するのでもなく、対等に向かい合っていかなければならない。そういった点で、本書に登場する健常者の女性と障害を持った男性の夫婦が、相手を認め合ってごくごく普通の幸せを掴んでいるようなあり方に、一つの行くべき道があるように思われてならない。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2005/03/14(月) 14:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。