FC2ブログ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

765冊目 僕たちの好きな三国志 戦争編
僕たちの好きな三国志 戦争編 (宝島SUGOI文庫 (Bへ-1-19))僕たちの好きな三国志 戦争編 (宝島SUGOI文庫 (Bへ-1-19))
(2009/04/04)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 後漢末に始まる混乱は、曹操の台頭を経て晋による統一まで、騒乱が続く。三国時代は戦争の時代なのだ。そこで戦争・活躍した人物・制度など、様々な視点から取り上げることでこのボリュームの本にしては驚くほどの質を確保している。

 特筆すべきは、三国志演義にも、正史ファンの共通的な認識にも従っていない点だろう。何進にも優れた点があったとする点は好例と思う。

 袁紹が外交を含めた総力戦に長けていたことは、公孫サンとの戦いから納得することができる(公孫サンの自滅があるとしても)。しかし、曹操集団の弱点として曹操が居ない戦場で極度に弱体化する、というのは疑問。

 例えば潼関の戦い馬超韓遂連合を打ち破った夏侯淵は迅速な行軍と果断な攻撃によって彼らを壊滅させている。また、曹操が挙兵したときから付き従った、一族の曹仁は同時代の名将として知られ、ほとんど敗北を喫していない。むしろ、曹操の方が敗北が多いくらいなのだ。

 などと考えると、曹操不在で弱くなる、というのは夏侯惇をイメージしてのことなのかなあ、などと思わせられる。夏侯惇が前線担当には不向きだったのは事実だろうが、それを理由に曹操軍が弱い、となると違うような気がする。

 ここに挙げたところを始め、どうにも一部の戦いから過大な一般化を行ったり、後出しジャンケン的な毀誉褒貶が見られる点があるのは残念。ただ、多少なりとも独自の見解を持つ人全てを納得させることができる説などそうそうあるわけもないので、仕方の無い面もあるだろう。

 トータルで見ると、刺激的な話が少なくなく、楽しみながら読むことができた。新解釈で蘇る24人、というコーナーでもバランスの取れた人選をしているし、各国の実情に合わせた解説がされていると感じた点も多い。三国志演義を読んで三国志をもうちょっと深く知りたくなった、という方へ特にお勧めしたい。



 ・・・それにしても、孟達が関羽と揉めた結果、呉に降ったかのように思えてしまう筆の運びは如何なものかと。短くまとめようとの意図が奔り過ぎたか。
関連記事
スポンサーサイト

中国史 | 2010/01/05(火) 22:09 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


袁紹は外交だけでなく、内政も戦争も上手いですよね
史家に嫌われてしまった人物のわりに、そういうのが読み取れるあたり、実際のところかなりの人物だったと思います

曹仁は名将ですよね、凄くかっこいい
曹操配下としては曹仁が最強、次いで張遼と楽進
一歩下がって夏侯淵・于禁・張郃・徐晃らではないでしょうか
夏侯惇さんは戦下手だけど、後方で部下や民に慕われる気の良いおっちゃんだと思ってるんですが、さて…w
2013/04/28 日 23:59:04 | URL | (´・ω・`) #-編集
> 袁紹

評価はもっと高くて良い人物でしょうね。
官渡の戦いも後継者争いに絡むゴタゴタだったとすれば、アレが致命傷でした。
後継者指名で致命的な過ちを犯したのは、親として分からないではないですが、
為政者としては失敗とせざるを得ないでしょうね。

> 曹仁

本当に名将ですよね。
この時代でトップクラスなのは確実。
いぶし銀的な働きなので目立たないのが可哀想です。

満寵みたいにもっと評価されて良い武将が沢山いますよね。
正史を読むのが楽しいのは、こうした人物の発見だと思っています^^
2013/04/29 月 23:30:46 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。