カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

734冊目 理系バカと文系バカ
理系バカと文系バカ (PHP新書)理系バカと文系バカ (PHP新書)
(2009/03/14)
竹内 薫

商品詳細を見る


評価:☆☆


 タイトルが面白そうだったので購入。が、あまり当たりとは言いがたいなあ。

 理系バカと文系バカ、このあたりは話はもう論じられつくしていて、実際のところ新味が無い。私としては、娯楽が無かった時代に本を読むしかなかったヒトが、いまや絶滅危惧種である教養主義者になっているだけのような気がしてならない。もう一つは、大学に行くヒトが多くなればなるほど平均レベルは下がるので、それが利いているだけじゃないかな、ということ。

 まあ、私も自分が本読みなので、本を読むことは他人に勧めたいと思うし、だからこうやってなんちゃって書評ブログをいつまでも運営しているわけだけど、本に興味が無いヒトは興味が無いままだし、それはそれで正しいんぢゃ無いかなあ、と思う。

 理系バカと文型バカを色々と論じているのだけど、その根拠がイマイチ不明確で納得できなかった。勝手な決めつけ感があり、その点でも楽しめなかったのが残念。

 てか、文系だ、理系だ、という言葉自体がレッテルで、そこにはどうしても画一的な見方が付きまとうので、それを考えれば仕方が無いのかもしれない。

 著者の本は、99・9%は仮説竹内均の科学的人生論に続いて3冊目なのだが、どれも評価が高くない。私とは合わないのかも。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2009/10/23(金) 22:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。