FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
729冊目 ホームズのいない町―13のまだらな推理
ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS)ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS)
(2008/03/19)
蒼井 上鷹

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 ホームズに接したことがある方なら思わずニヤリとさせられるタイトル。それは本書のタイトルだけでは納まらない。なんと、章ごとに付けられているサブタイトルもホームズをネタにしている。それどころか、登場人物が読んだ推理小説、としても元ネタに言及されているので、ホームズを思い出しながら読むのが楽しい。

 私自身、目次で”6本のナポレオン”とか、”四つのサイン入り本”とか、”まだらのひもで三kg”とかを見ただけで元ネタが脳裏を駆け巡って頬が緩みましたよ。

 ホームズ好きには堪らない、ということでちょっと評価は甘め。

 さて、本書について少々。ストーリーは13のパートに分かれている。それぞれのパートの中で事件が起こり、解決していくのだが、最終的には全てのパートが結びついてくる。あの章で出てきた人物がこちらに顔を出し、別の人物がまた他の章と絡んで、とやっていくうちに、伏線が回収されていくところはなかなか見事。

 加えて、それぞれで探偵役を務める人物がいずれも名探偵とは程遠い。当てずっぽうだったり、行き当たりばったりだったりする。ホームズのような名探偵は滅多にいるものではない、ということでそうなったようだ。この迷走っぷりに、読者は振り回されながらも楽しむことができるのが魅力だと思う。
関連記事
スポンサーサイト




推理小説 | 2009/10/12(月) 23:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する