カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

49冊目 匈奴
匈奴

沢田 勲著

東方書店 (1996.12)

\1,575

評価:☆☆☆


 戦国時代から五胡十六国時代にかけて中国北方にて歴代王朝と争った騎馬民族、匈奴について、成立から崩壊までの歴史をまとめている。匈奴が強大化するきっかけとなった冒頓単于の即位は、中国において項羽と劉邦の時代であり中国統一後の劉邦は冒頓によって手痛い敗北を喫して辛くも逃げ帰ったことから新興の漢帝国にとって極めて大きな脅威であった。

 漢と匈奴の力関係が変わるのは、武帝の時代までまたなければならない。衛青や霍去病といった将軍の活躍の他、蘇武と李陵の物語や李広利の勝利と亡命など話題にもこと欠かないのでご存知の方も多いと思う。

 しかし、知られているのは中国から見た匈奴像であって、匈奴を中心とした見方にはなかなかお目にかかれないのが実情であるように思われる。本書はそのような状況に風穴をあけることができるだろう。タイトルに偽りなく、匈奴側からの中国との関係、文化、内紛、社会構成、権力背景に至るまで記されているのだから。

 私としては、否定するにも肯定するにもはっきりした証拠に欠けていると言いつつ紹介されている、匈奴=フン族仮説には非常に好奇心を引き立てられる。中国北方を縦横無尽に駆け回った人々が、遥か西方のヨーロッパ東部に圧力をかけ今もフンの国という意味のハンガリーに名前を残しているのではないか、という仮説はアジア大陸のダイナミックな民族の動きや歴史を垣間見せてくれるように思うのだ。

 匈奴はいくつかに分裂し、一部は中国に入って漢化し、残りは北方で他の騎馬民族と一体化して消えて行った。定住しなかったがゆえに多くの文献などを残さなかった異民族の興亡について広く資料に当たり、よく調べられていると思う。中国の歴史に興味があるかにはお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

中国史 | 2005/03/07(月) 11:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。