カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

720冊目 動物ウイルスが人間を襲う!―エイズ、鳥インフルエンザ、サーズ…
動物ウイルスが人間を襲う!―エイズ、鳥インフルエンザ、サーズ…動物ウイルスが人間を襲う!―エイズ、鳥インフルエンザ、サーズ…
(2006/12)
中島 捷久澤井 仁

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 人類に最も大きな脅威を与えるウイルスは、なんといってもインフルエンザウイルスである。スペイン風邪は僅かな間に4000万人を殺した可能性があることがその証左だろう。変異が早いため、免疫の目をかいくぐって感染を広げのが厄介なところである。

 飛沫感染などで容易にヒトからヒトへ伝染すること、鳥や豚に感染することから大きく姿を変えてしまうことから、あらゆるウイルスの中でも最も警戒されて然るべきものだ。日本でも、冬になると死者が増加するのはインフルエンザが原因といわれるほどである。

 本書ではこのインフルエンザと、そしてエイズを中心にウイルスの脅威を述べている。

 この二つにかなり焦点を絞っていることで、人類に最も大きな影響を与えているウイルス病について一通りの知識を得ることができるのが利点。また、その前提としてウイルスの特長や治療方法についても深堀されているので、なぜウイルス病が騒がれるのか理解を深めることができるだろう。

 エイズについても多剤併用の治療など、治療法について述べるのと同時に、この治療法の問題をしっかり説明している点に好感を持てる。

 論点の絞り方と、狭く深く論じるやりかたが功を奏し、バランスの取れた作りになっていると思う。

 ただ、今も世界で最も多くの死者を産み続けているのはマラリアである。この恐るべき疫病により、毎年100~150万人程度の死者が出ていると言われている。先進国ではほぼ見られないことから騒がれないが、個人的にはもっと注目されて良いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2009/09/22(火) 23:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。