カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

708冊目 ぼくが医者をやめた理由
ぼくが医者をやめた理由 (角川文庫)ぼくが医者をやめた理由 (角川文庫)
(1998/06)
永井 明

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 元医者だった著者は、あるとき”これが潮時”と考え、医者を廃業してしまう。といっても、開業医だったわけではないので、病院をやめた、という話だ。

 なぜ長年の専門教育の成果と、それなりの地位を捨てることになったのか。なぜ潮時だと思ってしまったのか。そこに行き着くまでの著者の経歴と心の動きを綴ったエッセイ。ベストセラーにもなったということで、読まれた方も多いのではないだろうか。

 本書を読んで感じるのは、医者は尊敬される職業であるかもしれないけれども、その現場にはその他の職場と全く同じような苦労がついてまわるのだ、ということ。もう一つは、医者も一般人と同じようなことで葛藤し、不愉快に思い、大変な思いに苛まれている、ということだ。

 初めて患者を持つようになったときのこと、目の前で死んでいった患者のこと、医者だからこそ付きまとう厄介ごと。それらに対して、読者と同じように悩む医者の姿がそこにある。恐らく、この自分を飾ることなく、等身大に描き出したことが本書をベストセラーにしたのだろう。

 そうやって見れば、本書は単なる個人が燃え尽きるまでを追ったエッセイに過ぎないともいえる。著者が、例えば医者じゃなかったら、本になることなどなかっただろう。等身大の医者の姿が社会にとってそれなりに衝撃だった、というのが、本書が売れた原因ではなかろうか。

 同じく医者が書いたエッセイというのであれば、私としてはオリヴァー・サックスのようにもっと温かみのある視点で患者と触れ合おうとする方が好きだ(例えば『火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者』や『妻を帽子とまちがえた男』、『レナードの朝』など)。これについては趣味の問題なので、興味がある方はぜひ読み比べてみてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2009/08/24(月) 23:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。