カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

666冊目 ナンシー・アンドリアセン―心を探る脳科学
ナンシー・アンドリアセン―心を探る脳科学 (NHK未来への提言)ナンシー・アンドリアセン―心を探る脳科学 (NHK未来への提言)
(2007/11)
ナンシー アンドリアセン吉成 真由美

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 ナンシー・アンドリアセンは元々、英文学を学び、文学博士号まで取っている。ところが出産時に産褥熱に罹った後、医学の道を歩むことを決めたという。そして、そのときから脳を研究したかったそうだ。

 幸いなことに、彼女が脳研究を志して以降の技術の発達は凄まじく、CTやMRIといった、生きた脳を観察する機会に恵まれていくことになる。その脳科学の中でも、彼女が専門に選んだのは分裂病。

 そんなバイタリティ溢れるアンドリアセンがアルツハイマー、精神分裂病、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、PTSD(心的外傷後ストレス障害)といった脳の問題の最先端を案内してくれる。小冊子ということもあり、細部には踏み込んでいないので、脳科学に興味を持ち始めた方には格好の入門書になるのではないだろうか。

 特に、専門である分裂病に関しては、分裂病の養父母に育てられた養子は創造性が豊かになる傾向がある、などの事実は意外で、人間の才能に対して環境がどのような影響を与えるのかを考える良いきっかけになるのではないだろうか。

 脳科学の面白さのさわりを上手く伝えてくれる本だと思う。

 なお、分裂病に関心のある方はちょっと前に紹介した『天才と分裂病の進化論』も是非読んでみて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

医学・脳・精神・心理 | 2009/06/04(木) 23:05 | Trackback:(1) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ADHD??Ĥ?ξ?
2009/07/12 Sun 22:22:45 | ADHD?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。