FC2ブログ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
641冊目 もてない男―恋愛論を超えて
もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)
(1999/01)
小谷野 敦

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 人生の一時期、どうしてもモテたいという病に取り付かれる人が多い。そして、その病に侵された人の多くは残念ながらモテない。そりゃあもうモテない。徹底的にモテない。なぜそう言い切れるのかと言うと、私がモテなかったためである。

 そして、モテない男を語る人はほとんどいない。モテ・非モテをコミュニケーション論にしてしまう、馬鹿げたやりかたさえ罷り通っているほどである。

 逆境に置かれる、モテない男たちの恨みを声高に唱えてくれるのが、著者である。ちなみにどれだけ著者がモテないことについて吼えたとしても、恨みは晴れないので誤解なきよう。

 閑話休題、本書はもう目次だけで凄さが分る。目次は以下の通り。
童貞であることの不安 ――童貞論
「おかず」は必要か? ――自慰論
女は押しの一手? ――恋愛論
てめえらばっかりいい思いしやがって!  ――嫉妬・孤独論
妾の存在意義  ――愛人論
強姦する男、誘惑する女  ――強姦・誘惑論
恋愛なんかやめておけ?  ――反恋愛論


 とにかく、全編これモテない男のルサンチマン大爆発、の観があり、読んでいて楽しい。また、恋愛やら自慰やら初体験やらが文学やマンガでどのように描かれてきたか、学者らしく多くの事例が紹介されており、性に絡む人間の複雑さを感じさせるのも良い。

 モテ・非モテに興味がある方はもちろん、楽しいエッセイが好きな方も手に取ってみてはいかがだろうか。ただし、モテる男は読んではいけません。モテの人が知らなくても良い世界は確かにあるのです。
関連記事
スポンサーサイト




エッセイ | 2009/04/23(木) 23:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する