カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

623冊目 米原万里の「愛の法則」
米原万里の「愛の法則」 (集英社新書 406F)米原万里の「愛の法則」 (集英社新書 406F)
(2007/08/17)
米原 万里

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆

 亡くなられた米原さんの講演録。愛の法則と名乗るのは伊達ではなく、いきなり小説に出てくる女は若い美女ばかりで不快だった、と始まる。

 私としては、現実の世界に美しくない男女が溢れているのだから仮想の世界に美男美女がいてくれても構わない、というか寧ろ大歓迎なわけですよ。とりわけ映像になる時には。美男美女しか出てこない、などとなると現実味が薄れてしまうのでアレだし、美女の設定のはずなのにどうみても美女に見えないのもアレなのですけどね。

 聴衆の興味を引き付けておいてから意外な話を持ってくる。そして結論だけ聞いたら極端とも思えるような話を面白おかしく聞かせてくれる腕は見事としか言いようが無い。貪るように文学を読んだり、初めての同時通訳で緊張したり、といった過去の逸話に、著者らしく言葉と言葉を繋ぐことの意味を絡めた楽しい講演集になっている。このような講演だったら是非聴きにいきたかった。その機会が永遠に喪われてしまったことが残念。

 ただ、著者の本を何冊も読んだことのあるというコアなファンにとっては以前に触れたことのある話が多いように思う。なので、そういう人にとってはコストパフォーマンスは高くないのが残念。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2009/03/26(木) 23:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。