カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

617冊目 官僚とメディア
官僚とメディア (角川oneテーマ21 A 62) (角川oneテーマ21)官僚とメディア (角川oneテーマ21 A 62) (角川oneテーマ21)
(2007/04/10)
魚住 昭

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 マスゴミ、という言葉がある。マスメディアの暴走や偏向を非難する中で生まれたものだ。確かに的を射ていると思うことが無いわけではないが、このようなレッテルを貼って溜飲を下げても仕方が無いのも事実であり、好きな言葉では無い。

 だが、本書を読んでその考えは甘かったかもしれないと思い知らされた。政治との癒着や都合の悪い事実の隠蔽など、メディアの腐敗は留まることを知らず、自浄作用も働かない。なぜこのようなことになったのか。

 著者は元共同通信で記者をやっていた。126冊目 『特捜検察の闇』265冊目 『野中広務差別と権力』、『沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか』や『渡邊恒雄 メディアと権力』などの著作で知られており、テーマの掘り下げには敬服している。

 その著者が最初に取り上げるのは、古巣である共同通信で記事の握りつぶしが発生した。誕生したばかりの安倍政権に不快感を与えないための措置という。ジャーナリズムの自殺としか言いようのない前代未聞の不祥事に、しかし幹部は問題意識を持っていないという。

 事件報道でも疑問符を付けざるを得ない事態が頻発する。耐震データ偽装事件ではマスコミが作り上げたストーリーに沿っての事件報道に終始したことが紹介されている。姉歯が専門知識を持たないまま暴走した事件だが、その後の国交省の対応も支離滅裂を極めた。だが官僚の不祥事は無視され、ヒューザーら姉歯の犠牲者である企業は悪の権化の如くに報じられたのである。

 ライブドアや村上ファンドも不可解な事件だった。本来なら起訴にすら持ち込めないレベルのものを、検察の政治的な動きだけで逮捕しての大騒ぎになっただけの話である。それは外務省汚職事件で鈴木宗男と佐藤優が失脚させられたのと同じ構図。マスコミはただただ警察発表を垂れ流すことしかしなかった。これでは大本営発表と何が違うのか。

 どれだけ言論の自由があっても、どれほど自由にメディアにアクセスできても、肝心のメディアが自主規制をしてしまえば一般人の知ることができる情報は限られたものになる。それなのになぜ、この体たらくなのか。目次を一見するとバラバラなテーマがあるようで、奥にはメディアへの深い憂慮が潜んでおり、メディアがなぜこうなってしまったのかに焦点が当てられている。メディアの抱える問題を知るのに適した一冊。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2009/03/14(土) 23:45 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。