カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

43冊目 「四億年の目撃者」シーラカンスを追って
「四億年の目撃者」シーラカンスを追って

サマンサ・ワインバーグ著 / 戸根 由紀恵訳

文芸春秋 (2001.7)

\740

評価:☆☆☆

 常識は崩されるから面白い。誰もがとっくの昔に絶滅していたと思っていて、古生物学者しか興味を持っていなかった古代魚、シーラカンスが発見されたことは今にして思えば信じられないくらいの騒動を起こしたようだ。

 例えて言うならば、生きている恐竜が発見された、というようなもので多くの人々がにわかには信じられないという態度をとったのもあながち分からない話ではない。不幸なことに冷凍庫が近くに無かったため内臓は捨てられ、残ったのはホルマリンで脱色された死体が一つ。しかし、それを信じない懐疑的な人々もまた多かった。

 稀代の魚マニアの科学者、J・L・Bスミスはシーラカンスの死体を一目見て、これが間違いなく絶滅したとされているシーラカンスであると確信、誰にも文句のつけようが無い証拠を付きとめようと14年にも渡るシーラカンス捜索に足を踏み出す。本書はそんなスミスを中心に、1938年のシーラカンス発見から現在に至るまでのシーラカンスをめぐる歴史を纏めたのが本書である。スミスたちの執念によって、シーラカンスの奇妙な生態がいろいろと分かってきた。魚でありながら卵を産まず、胎生であること。昼は眠り、夜になると狩に出て”逆立ち”をすること。肉は不味く、塩漬けにしないと食べられるようなものじゃないこと。

 新しく発見された生物には、それだけの謎がある。それも4億年前から生息していて絶滅したと信じられていた生物ならますます。そんなシーラカンスについて分かったことだけでも十分面白いが、謎に包まれた生態を追いかける、その取り組みもまた面白い。とにかくパワフルな人が目白押しで、それを眺めているだけでも楽しくなってくる。研究者にはパワフルさが要求されるものだとつくづく実感。

 なお、シーラカンスは200匹以上が捕獲されているが現在ではワシントン条約によって保護されている。本書の中で日本がシーラカンスの捕獲計画を立てていたことが書かれているが、今のところ釣り上げられて生き残った個体はいないので失敗したのは良かったかもしれない。なお、英語ではあるがシーラカンス保護を訴えるサイトがあって、Tシャツなどの収益の一部がシーラカンス保護に使われるそうです。シーラカンスの写真もあるので、それを眺めるためだけに訪れても楽しいサイトです。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2005/02/17(木) 14:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。