カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

592冊目 「退化」の進化学
「退化」の進化学 (ブル-バックス)「退化」の進化学 (ブル-バックス)
(2006/12/20)
犬塚 則久

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 なんと今年読んだ初の科学関連の本。


 なんとなくではあるが、「進化」という言葉には良いイメージがあり、「退化」には悪いイメージがある。そして、我々は実に勝手なことに、自分達人類は進化の最前線にいるのだ、などと思ってしまいがちである。

 しかし、人体に残る進化の爪あとを見ると、そこには退化の結果が幾つも含まれることが分る。音を聞くのに欠かせないツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨は遥か祖先の爬虫類では頭骨と下顎骨の間接骨であった。これらは不要に成ったものを使い回しているというので退化とは違うのかもしれない。ただただ進化のもたらした不思議な結果に驚かされるのみだ。

 一方で、腓骨は今では役に立たない器官になっている。他にも筋肉や腱、骨を仔細に眺めると先祖では必要だったかもしれないが人類には不要になっているものが少なくないのには意外な思いをさせられることになる。

 興味深い話は更に続き、先祖返りとしか思えないような症状を、誰もがどこかに持っているという。例えば尻尾がついて生まれてくる子の話を聞いたことがないだろうか。例えば乳首の数。ペットを見てみれば分るが、犬や猫などは乳首は二つではない。多胎に対応すべく、それなりの数がある。これが人間にも現れることがあるという。ただし、乳頭だけが形成されることが多く気付かれないのだとか。そういわれて自分の体を見てみれば、それらしきものが見つかってしまったのには驚いた。

 進化の過程で組織が辿った数奇な歴史を解き明かしてくれているので、意外な話が多い。飽きる間もなく次々に繰り出される話の数々から進化の面白さが伝わってくる。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2009/01/30(金) 23:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。