FC2ブログ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
585冊目 機上の奇人たち―フライトアテンダント爆笑告白記
機上の奇人たち―フライトアテンダント爆笑告白記 (文春文庫)機上の奇人たち―フライトアテンダント爆笑告白記 (文春文庫)
(2002/11)
エリオット ヘスター

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 タイトルを見て分るとおり、本書はフライトアテンダントが遭遇せざるを得なかった事件(?)の数々を紹介しているものである。

 男性フライトアテンダントたる著者が遭遇するのは雑巾のような匂いを放つ乗客やら、酔い過ぎて前後不覚になるなら兎も角、暴れ始める人々。当たり前の注意を聞くこともせず、フライトアテンダントを親の敵ででもあるかのように睨みつける客たち。遥か上空で愛を交わすカップルにも出遭ってしまう。

 これらのことの殆どはとても楽しい見物になる。ただし、自分が当事者じゃないなら(いきずりの愛を交わすカップルの片側になることを除く)。

 当事者であればかなり腹立たしいことを中心に、軽妙なエッセイで経験談を語っているので中々楽しい。一部アメリカンジョークが入っているので笑うツボが分らないところもあるのだけれども、全体的にはとても面白かった。なので、電車の中で読むのはお控えを。寝る前に布団の中で少しずつ読む、というのが一番良い付き合い方かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト




エッセイ | 2009/01/18(日) 15:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する