カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

151冊目 異形の惑星
異形の惑星

井田 茂著

日本放送出版協会 (2003.4)

\1,124

評価:☆☆☆☆

 都会を離れたところで夜空見上げると、満天の星に包み込まれる。そんなとき、あれだけ星があるのだから、どこかに地球と同じような星があるのではないかと思ってしまう。そしてその星では生命で溢れているのではないか。そんな夢想に囚われる。

 ところが、遠くの星を見つけるのは難しい。あの夜空で瞬く星は太陽と同じような恒星で、その恒星が明るすぎるために恒星を巡る微小な惑星など見えなくなってしまうのだ。

 1995年5月、太陽系外の惑星探査に生涯を捧げたバンデカンプが失意のうちに死去、8月には10年以上探査を続けたウォーカーが「太陽系外に、惑星はない」とする失意のレポートを発表する。希望は翳った。しかし、そのわずか2ヵ月後、状況は激変する。1995年10月、ついに太陽系外に惑星が発見されたのだ。

 ところが、その惑星はあまりにも想像からかけ離れていた。なにせ、その惑星ときたら木星の何倍もの質量を持ちながら水星よりも近い軌道をわずか4.2日で巡っていたのだ。この異形の惑星はホットジュピターと名づけられた。

 その後、このような異形な惑星は決して異常なものではなく、宇宙に幾つも発見されることになる。地球型の惑星は発見されていないが、ホットジュピター型の惑星は幾つも発見されている。これは惑星を見つけるための方法が、ホットジュピター型ほど有利なためだ。

 太陽系しか知らなかった科学者たちは、うまく太陽系の惑星系がどうやってできるかを説明できる理論を求めてきた。ホットジュピターなど想像すらしていなかった。そのため、ホットジュピターの発見は必然的に惑星形成理論の修正をもたらした。そのため、惑星形成理論は今とてもホットな話題なのである。

 本書はどのようにしてホットジュピターが見つかったのかを説明し、発見がもたらした影響や興奮を余すところなく伝える。興奮を伝えられるのは、やはり著者が惑星形成理論に携わる科学者だからであろう。

 ホットな話題を盛り込み、意外な発見を説明しようとする本書はとても面白い。地球がどうやってできたのか。地球は特殊な惑星なのか。そして、いつの日か宇宙のどこかに人類以外の生命を確認できる日は来るのか。もう分かっていること、まだ分からないことを丁寧に分けながら、そんな疑問を説明してくれるのが嬉しい。

 遠い宇宙に思いを馳せるのに丁度よい一冊。
関連記事
スポンサーサイト

素粒子・宇宙論 | 2006/06/24(土) 17:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。