カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

568冊目 1859年の潜水艇―天才発明家モントゥリオールの数奇な人生
1859年の潜水艇―天才発明家モントゥリオールの数奇な人生1859年の潜水艇―天才発明家モントゥリオールの数奇な人生
(2005/09)
マシュー スチュワート

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 現代の潜水艦に至るまでの技術の系譜を辿れば様々な過去があるだろうが、直系の先祖とでもいうべき潜水艇こそ、本書に描かれる1859年の潜水艇だという。当時ライバル発明家達が作り上げたものといえば、釣鐘を逆さにしたようなものであったり、一度水面下に潜れば再び浮上できるかどうかも怪しいものだった。それに対し、この潜水艇は高い技術とそれに劣らぬ安全性を示したのである。

 奇才・モントゥリオールが発明した潜水艇は時代の遥か先を行っていた。例えば船体が二重構造になっていることが挙げられる。これにより、乗組員が中に入り込むべき内殻は圧力に強い球形をとり、外殻は水中を進みやすい流線型にすることができたのだ。

 何がモントゥリオールを潜水艇の開発に導いたのか。それは、水中に潜ってサンゴを採る潜水夫達の仕事を安全なものにしたい、というものであり、純粋科学のためだった。

 なぜモントゥリオールはこのような目的を抱くようになったのか。それを知らしめるために、読者は1800年代のスペインに誘われる。そこは王政と改革派が繰り広げる権力闘争の最中であり、安定の見込めない社会。モントゥリオールの才能が花開くまでの個人史と社会史を丁寧に追いかけることで潜水艇の誕生を上手く書けていると思う。


 ただ、どうにも文章が回りくどくいのが欠点。それがなければもっと評価が高くなっていただけに残念である。
関連記事
スポンサーサイト

技術 | 2008/10/08(水) 23:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。