カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

566冊目 世の中意外に科学的
世の中意外に科学的 (集英社文庫 さ 45-1)世の中意外に科学的 (集英社文庫 さ 45-1)
(2007/10)
櫻井 よしこ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 元キャスターの櫻井よしこが切り込む科学の世界。身近な科学、とりわけ医療分野について紹介している。最終章ではノーベル物理学賞を受賞した小柴教授と理科教育についての対話がもたれており、どれも興味深いものとなっている。

 著者はかつて薬害エイズ事件において精力的な活動をしていた(著書に『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』などがある)通り、医療の世界にかなりの興味を持っている。また、保守系の論客として活躍していることでも知られる。この二つが合わされば、ゆとり教育批判、とりわけ理科教育への提言が行われることになるのは当然か。

 私自身、理科教育は極めて重要と考えているので、彼女の提言には頷かされることが多かった。

 一部で詰め込み教育を非難する向きもあるようだが、それは筋が違うと思う。理科の深い知識を得るためには事前にもう分かりきっていることを把握する必要がある。文章を読む前に文字を理解できている必要があるのと同じように。最低限の知識を詰め込むことは必要不可欠である。

 そして、理科系の学問が社会にでても役に立たないなどという嘆きも間違っている。現代文明を支えているのは理科系の知識であり、技術なのだ。だから、学校において理科系学問への興味を引くような試みはもっとあっても良いと思う。残念なことに、多くの小学校では教師の多くが学生時代に理科系科目が苦手だった文系出身者に占められている。自分が嫌いなものを、生徒に楽しいと思わせることはないのだから、これは改めて欲しい。この点は本書でも指摘されているので、私としても無条件に賛成したい。

 本書ではそれ以外、政治的なことには触れられていないので、安心して読めるのも魅力。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2008/10/04(土) 23:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。