カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

557冊目 ロシア紅茶の謎
ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)
(1997/07)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


評価:☆☆


 臨床犯罪学者・火村英生と有栖川 有栖が出会った奇妙な事件を集めた短編集。

 推理小説なのだけれども、あっと驚くどんでん返しは用意されていない。いずれも容疑者が数人に絞り込まれた状況で、火村の推理によって一件落着、というパターンなのだが、ホームズの魅力(推理が穴だらけなのも魅力なの!!)も、嫌味なポアロが醸し出す独特の雰囲気もない。

 話によっては、謎を解くヒントが犯人が判った後で明かされるものもあり、総体的に見て面白いとは思えなかった。他作品のネタバレも犯してしまっているし。減点対象はあっても加点対象が無かったので、このシリーズは勿論、同著者の他の作品も手に取ることはなさそう。

 エラリー・クインの顰に倣ったというのだけど、そういえばわたくしめ、エラリー・クイーンも余り好きぢゃ無かったり(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2008/09/17(水) 22:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。