カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

550冊目 キリスト教の超不都合な真実200
キリスト教の超不都合な真実200 (5次元文庫 せ 1-1)キリスト教の超不都合な真実200 (5次元文庫 せ 1-1)
(2008/05/08)
世界の宗教と歴史研究会・編

商品詳細を見る


評価:☆


 この手の本というのは、読むべき価値など全く無い。そもそも、たかだか300ページにも満たないような本に200の事柄を詰め込もうとするのは欲張りすぎで、本書でもかなり悲惨なことになっている。結果として200と謳いながらも実質はそれよりもかなり数が少なくなる。掘り下げが少ない上に謳うほどの項目は無いのだから、冒頭で述べたとおり読むべき価値が無いのである。

 そんなことは百も承知でありながら、それでも本書を手にとってしまったのには理由がある。それは表紙。所謂、ジャケ買い。

 表紙を飾る写真、常識人は知らないだろうが非常識人のうちのマニアックな人なら知っている。つまり、平たく言えばダメ人間である。これ、海底を歩くキリスト像の写真なのである。

 もちろん、まともな知性の持ち主というか、最低限の脳みそ(小脳くらい)を持っている生物ならすぐウソだと分かる低次元な代物。でも、宗教にとち狂ったアレなヒトには真実になるわけですよ。これを知ったのは『ムー』の記事で、当初は海底を歩くキリスト像発見というニュースであった。XX月ごろにはアメリカに上陸する見込みと書いてあり、我々は(主にお粗末な言い訳を)楽しみに待ったのだが、上陸直前に光を発して消えてしまったとの後日談でお茶を濁されてしまった。もう大人なんか信じない。

 というわけで、キリスト教の無茶でダメな歴史を紐解いているわけだけど、話題の多くは魔女狩り、十字軍、近年発覚した聖職者達の強姦事件に終始しており、これだけ悪いことがある宗教は悪なのだ、という論調。でも、それって逆を返せば良い話を幾つか例示すれば皆が信じるべき宗教である、という論理になるため、明晰さに欠ける。初歩的な知識は得られるかもしれないけれども、それ以上の何かを語る力を持たない本である。

 読むのは時間の無駄だが、写真に思い入れがあるなら手に入れても良い。私自身、ブックオフで100円じゃなければ絶対に買わなかった。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2008/09/03(水) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。