カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

548冊目 邪馬台国はどこですか?
邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)
(1998/05)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 本書はこれまで紹介した本の中でも異彩を放っている。というのは、小説の姿を借りた歴史論争なのである。では、歴史学の論争をそのまま小説仕立てにしているのかというと、それも違う。概要だけ聞いたら思わず目を剥いてしまうような異説の数々が読者に示されることになる。

 扱われる話題がどのようなものかは目次を紹介するのが良いだろう。

1.悟りを開いたのはいつですか?
2.邪馬台国はどこですか?
3.聖徳太子はだれですか?
4.謀反の動機はなんですか?
5.維新が起きたのはなぜですか?
6.奇跡はどのようになされたのですか?

 タイトルを見ただけで分かる話題が多いだろうが、念のため補足を。1章は仏陀が悟りを開いたのはいつか、4章は明智光秀の謀反の動機を、6章はキリストが処刑されて3日後に復活したことを述べている。

 歴史論争を繰り広げるのは三谷教授と、助手で才媛で知られる早乙女静香、謎の研究家宮田六郎。早乙女静香が常識的な研究を披露しようとすると、宮田が珍説奇説でそれをねじ伏せる展開である。といっても、衒学的な会話やら専門知で、という訳ではなくて、かなりの論理の飛躍がある。しかし、学問の世界に身をおいていない分、常識的な見方に捕らわれていないので、そういう見方もあるのか!と驚かされることもしばしば。ふと気が付くと、宮田の論こそ正しい見方の場合もあるのじゃないかと思わされてしまう。

 また、やられ役である静香の切り替えしの会話は軽妙で面白い。例えば、宮田が仏陀は悟りを開いたのだろうかと問題提起したのに対し、静香は「ブッダが悟りを開いていなかったなんていうのはね、徳川家康が江戸幕府を開いていなかったというのと同じくらいナンセンスなことなのよ」と返すのである。

 総じて異説を通して歴史の面白さを感じさせるようになっていると思う。研究者から見れば噴飯ものの話もあるかもしれないが、それでも本書のような歴史エンターテインメントから歴史家が育つのも良いのではないかと思う。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2008/08/30(土) 22:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。