カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

531冊目 パンとワインを巡り 神話が巡る―古代地中海文化の血と肉
パンとワインを巡り 神話が巡る―古代地中海文化の血と肉 (中公新書)パンとワインを巡り 神話が巡る―古代地中海文化の血と肉 (中公新書)
(1995/10)
臼井 隆一郎

商品詳細を見る


評価:☆☆





 個人的な感覚で恐縮だが、解釈というやつが好きではない。○○は××を指す、なんてのは幾らでも後付できてしまうので、それを正しいと判定することができないのだ。

 例えばノストラダムスの予言である。ノストラダムスはこんな事件やあんなことを正しく予言していたんだよ!な、なんだってー!!っていう流れは良くあるが、不思議なことにノストラダムスの予言とやらで未来を予想すると、その全てが外れる。解釈なんてものにはせいぜいそれくらいの力しかない。もっともらしく過去だけは説明できるが、それだけ。

 辟易したのが、本書では実に多くのところでこの解釈が使われてしまっているところ。なので、どうにも興味が沸いてこない。解釈学が好きな人には堪らないのかもしれないが、私のように、文章は読んだままの意味で受け取るのが正しいと思うような散文的かつ即物的な人間には向いてないのかも。

 と、苦言から入ってしまったのでちょっとだけ内容を紹介。タイトルどおり、地中海世界においてパンとワインがどのような位置づけにあったかを神話から探る試みである。

 ユダヤ教、ギリシア神話を経て、キリスト教に至るまで、多くの印象的な場面にパンとワインが現れてくる。それは、これらが生活に深く結びついた結果として象徴的な意味をも持ち合わせたことによるのだろう。キリスト教など私にとってはどうでも良い話なので、もっぱら興味が沸いたのはギリシア神話。もう一度ギリシア神話を読み直そう、という気にさせられた。

 あと、美味しいワインが飲みたいな、という気になった。(←一番の収穫)
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2008/07/06(日) 22:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。