カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

524冊目 スパイの世界史
スパイの世界史 (文春文庫 う 18-2)スパイの世界史 (文春文庫 う 18-2)
(2007/07)
海野 弘

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 実に浩瀚にスパイのエピソードを集めている。もっとも、世界史とは銘打っているが、取り上げている話題のほとんど全ては第一次大戦以降のものである。国家が積極的に諜報機関を持ち、スパイを活用するようになったのがそれ以降であることを考えれば当然かもしれない。

 マタ・ハリやゾルゲのように広く知られたスパイから、キム・フィルビー、エリー・コーエン、ローゼンバーグ夫妻といった、諜報の世界について語られる際には必ず顔を出す面子、果てはアラビアのロレンスのように名前は知られていてもスパイとしては知られていなかった人物まで広く浅くスパイたちの活躍が描かれる。

 一次大戦の原因となったオーストリアのフェルディナント皇太子暗殺に潜む陰謀、二次大戦時のヨーロッパを中心にした苛烈な情報戦争、そして冷戦以降のCIAとKGBの争い。どのようなスパイがいて、どのような情報が敵国に伝えられていったか。それが世界史をどのように動かしていったか(あるいは動かさなかったか)が明らかにされている。

 現代史とは、政治や経済や軍事といった表の動きを辿るだけではとても全貌をしることができないものだと改めて感じさせられる。隠れた情報戦争が持つ威力の大きさにはきちんとした評価を下しておかなければならないだろう。

 しかし、情報の持つ威力の大きさを知ると同時に、情報を扱うことが極めて難しいことにも思いを馳せることになる。正確な情報を得ておきながら、正しい判断を下せなかった事例の何と多いことか。最後は、情報を受け取り、判断する人物の気まぐれや嗜好が、世界を動かしてきたというのもまた確かなのだろう。

 参考文献の多さも特筆すべきものだろう。622~638ページ目が参考文献に当てられている。スパイに興味がある方は、入門として本書を手に取り、参考文献に進んでいくのも良いかもしれない。

 ただ、スパイ活動の中でも少なからぬ分量を占めるシギント(SIGnal INTelligence)についてはほとんど触れられていない。そこがやや残念なところか。そちらについては、7冊目で紹介した『すべては傍受されている』が詳しいので興味がある方はどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2008/06/19(木) 23:07 | Trackback:(0) | Comments:(4)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

受け取り手の知識が違うとこうも違うものかと、がっくりします。
私が読んだのも同じ本のはずですのに…。まさか違う本だったか?と思うほどです。
さすがすかいらいたあさん。
2008/06/20 金 02:03:08 | URL | きし #ImNOtvE2編集

きしさんもお読みになったんですね。

類書を幾つか紹介してきましたが、これが一番広く事例を集めているように思います。
マタ・ハリの意外な真実、フェルディナント皇太子暗殺を防ぐ努力が全くされなかったことなど、興味深い話が沢山あったのは良かったのですが、文章はちょっと美しくないかな。
キム・フィルビーも概要は知っておりましたが詳細があって楽しめました。

それにしても、これだけの情報を集めるのも大変だったでしょうね。

さて、きしさんのブログを拝読したのですが、内容はきしさんの方が断然優れていると思いました。
見習いたいものです。

きしさんの書評はこちら
http://blog.goo.ne.jp/apheta1969/e/54f99019a41361a39e52e7d15f54b543
2008/06/20 金 22:07:59 | URL | Skywriter #-編集
おいでいただいたとは、ありがとうございます。
本が重なる時は少ないものですから、ついコメントをいれてしまいました。
ご紹介までいただいて痛み入ります。
2008/06/21 土 01:56:43 | URL | きし #ImNOtvE2編集

いつもご贔屓にしていただきありがとうございます。

きしさんのブログには結構お邪魔しているのですが、なかなか本が被らずコメントの機会を逸しています。
なにかありましたらこちらからも積極的にコメントいたしますね^^
2008/06/21 土 23:27:55 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。