カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

514冊目 12月のベロニカ
12月のベロニカ (富士見ファンタジア文庫)12月のベロニカ (富士見ファンタジア文庫)
(2003/01)
貴子 潤一郎

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 女神ファウゼルに仕える巫女。それがベロニカ。ベロニカに選ばれた女性は、以後眠りの中で人生を過ごさなければならない。ベロニカに就任する際、彼女は一人の男性を自らの護り手に任じることができる。ベロニカの騎士と呼ばれるその護り手はファウゼルの力によってベロニカが死ぬまでの間、不老不死の力を与えられる。

 14歳の少女アマンダは、ファウゼルによって次期ベロニカに選ばれる。幼馴染のフレイルは、アマンダと交わした約束を守るために兵士となり、異例の出世によって騎士に任じられる。そして、遂にアマンダを護衛する13人の騎士にまで選出される。ベロニカの騎士は、この13人の中から選ばれるのだ。

 彼らはトリゼアとの国境近いカウセージュで修養に励むアマンダをルグナスへつれてこなければならない。しかし、旅は順調にはいかなかった。宗教を同じとする隣国トリゼアが、ベロニカを奪わんと兵を差し向けたのである。

 襲撃によって味方はほぼ壊滅し、隊長まで重傷を負う。全滅寸前まで追い詰められた彼らを救ったのは、ハキュリーと名乗る謎に包まれた隻腕の戦士だった。かくして、得体の知れない同行者を伴っての不安な旅は続く。

 登場人物の行動パターンに関しては概ね紋切り型。登場人物の生き方・死に方が紋切り型ということは、ストーリーの運び方も必然的に紋切り型にならざるを得ないところが辛い。主要人物が出揃ったところで展開が全て読めてしまったのはマイナスポイント。

 また、主人公とヒロインの掘り下げも浅い。主人公のフレイルと親友のライアン、謎の戦士ハキュリーの三人について、キャラを作るときに集中力が切れたか。ライアンの屈折した性格は上手く書けているように思うのだが、フレイルからは余り人間らしさを感じられない。ヒロインのアマンダに至っては大人しいだけの女の子で、この後眠り続けるだけの人生を歩まねばならないことへの葛藤すらほとんど表現されていない。これではただの人形だ。

 また、世界観に関しての掘り下げは弱い。例えば、なぜ敵国との国境付近を少数の護衛だけで目的地まで送らなければならないのか。しかも、以前にも同様の状況で紛争があったことが示唆されているともなれば、どうしても設定が腑に落ちない。

 そういう甘さはあると思う。しかし、最後の決戦のあたりの雰囲気は、やはり読ませるものがある。人物造形よりも、運命に導かれたかのような冒険のプロットを楽しむのが最適な読み方ではないかと思った。


 以下、ネタバレ含むので気になる人だけ続きを見てください。
 ライアンが裏切るのというのは、ほとんどの人が序盤で見通せるのではないか。私は登場した瞬間に読めてしまった。先見の明があるわけではなくて、配役からしてそれしかないと思ったというのが正直なところ。後には裏切りに向けての伏線が張られていくので、誰にでも分かるようになる。

 むしろ、分からないのはその裏切りの理由だったりする。いや、書かれてるんですよ。書かれているんですが、納得できない。ここが弱いところ。

 ライアンの立場からすれば、家名を高めるために生きてきて、それは13人の騎士に選ばれたことで十分に達成できているはず。なのに、ベロニカの騎士に選ばれる見込みが無いというだけで敵国に寝返るとなると、頭の中が???となる。

 また、宗教の掘り下げも浅い。この女神、何をしてくれるのかが分からん。

 結局のところ、人が神を信じる理由なんて単純明快。理由は二つしかない。

 一つは、現世において利益を与えてくれること。もう一つは、死後の世界(死後の世界が来世のことか、あの世のことかは宗教によって違う)において利益を与えてくれること。

 利益ってのは、殉教すれば沢山の美女を摘み食いし放題だとか、終末の日に全ての死者が甦るだとか、教祖さんの血を飲んだら空を飛べるとか、そんな感じ。神話がしばしばそうであるように、世界を説明できる=疑問を解いてくれる、というのでも良いだろう。

 この女神はどっちなんだろう。信仰の形態なんかが空っぽで、それは考えてないだけなんじゃないかな?という疑念を持ってしまうんです。下種の勘ぐりかもしれませんが。

 設定魔ですいません。ただ、私が過去べた褒めしてきた小説は、こういうところまで考えられていたと思うのです。だから、そこが残念。
関連記事
スポンサーサイト
SF・ファンタジー | 2008/05/28(水) 22:01 | Trackback:(0) | Comments:(3)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


初めまして、アメリカ留学のブログを書いてる者です。今後の記事更新の参考にさせてもらいたいと思って見させてもらいましたけど、普通に楽しんじゃいましたw次の記事更新を楽しみにしてます☆応援してますのでポチッとしておきますw頑張って下さいね
2008/05/29 木 18:35:14 | URL | アメリカ留学 #wLMIWoss編集

実は、これも読了していたりします。
随分以前にサイト(本館という名の廃墟)のどこかに感想文の残骸が転がっている気もしますが(^^;
この「12月のベロニカ」にしろ、「エスクード」シリーズにしろ貴子先生の長編作品では全般的にキャラクター(特に女性)が薄味です。ぶっちゃけ、長編の方はそこそこ好きですが、ファンと言うほどではないです。
逆に、短編集『眠り姫』はライトノベル作品
としては尖っている部分が多くて、個人的には大好きだったりします。表題作より、「探偵」シリーズの方が好きなんですけど(^^;
2008/06/03 火 01:23:44 | URL | オジオン #-編集

>オジオンさん

これも読了済みでしたか。
キャラクターの個性が弱いのは欠点ではありますが、過度にキャラクターの個性に頼った作品もまたアレなので、バランスが難しいところですね。

この作品については、プロットで納得いかないところが少なからずあった、というのが偽らざる気持ちです。

『眠り姫』、また機会があれば手にとってみたいと思います。
2008/06/03 火 23:47:53 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。