カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

506冊目 天変地異の黙示録―人類文明が生きのびるためのメッセージ
天変地異の黙示録―人類文明が生きのびるためのメッセージ (パンドラ新書)天変地異の黙示録―人類文明が生きのびるためのメッセージ (パンドラ新書)
(2006/06)
小松 左京

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 『日本沈没』で知られる小松左京による文明論。構成は四部に分かれている。内容は以下の通り。

第一部 地球文明に未来はあるか?
第二部 終末観と未来のイメージ
第三部 ユートピアの終焉
第四部 地球政治時代への提言

 第一部と第四部は内容として近い。著者が過去、現在、未来をどのように認識しているか。また、とりわけ過去や想像される未来から、現代がどのような位置づけにあるかを語っている。広い知識を持っている方らしく、話が縦横無尽に飛び、冷静な視点を持ち続けていることは評価したい。

 第二部では、人類滅亡のイメージとしてどのようなことが考えられるかを論じている。この点、『日本沈没』の面目躍如たるものがある。とりわけ世界各地で見られる洪水神話は文化論としても面白いと思う。

 第三部のユートピアは、トマス・モアの『ユートピア』から、オーウェルの『一九八四年』まで、人々が未来をどう描いてきたかを論じている。中にはネタバレが含まれているので、これから読もうと思っている方は避けたほうが良いかもしれない。『一九八四年』は恐ろしいほどの監視社会を描き出した。そして、ユートピア小説はここに終わりを告げる。

 『一九八四年』の先見性は恐ろしいほどのもので、それが共産主義を奉じる国々で現実と化したことは記憶に留めて置かなければならないだろう。

 が、この部分はSFファンタジアに寄稿したものを持ってきているので、全体としてかなり浮いている。ユートピアを語ることで未来の社会を語ろうとした人々が居たことは分かるが、環境問題やらなにやらを論じている中で突然出てきた観は否めない。

 一方でちょっといかがなものかという点も多い。未知の病害との対峙について、こう記している。

 また未知の病気が蔓延するというのも、人類は何度も体験してきていることです。古くはヨーロッパを震え上がらせたペスト、二十世紀初頭に猛威を振るったスペイン風邪などは有名です。
(略)
 爆発的な艦船の恐れがあるといえばインフルエンザですが、現在では鳥インフルエンザに関する情報がいろいろ報道されています。(略)
P.35


 これを読んだら、スペイン風邪がインフルエンザだということが分からないのではなかろうか。これは決して些細なことでは無いと思う。人類はかつてインフルエンザの蔓延によって多くの犠牲を払った。だからこそ鳥インフルエンザが恐れられているのだ。現実的な危険度から言えば、鳥インフルエンザがここ数年以内に人-人の間で感染が広がることは無いだろう。しかし、鳥-人の間で感染が増えればそれだけ人-人の間に広まりうる突然変異のリスクは増していく。だから注視されているのである。

 次は、もうチラシの裏の落書きと変わらないレベルのもの。

 (略)とくに貧しかった時代の記憶をもたないナイーヴで未熟な若い人たちや女性が、この刺激や痛みに敏感で、動揺し、逆上しやすく、それが社会全体の、不安で、刺激に過敏な状態を作り出している。この面で現代の「人類社会」は、数百年前よりもずっと統御がむずかしくなっているのである。


 最近の若者や女性が動揺しやすい、あるいは逆上しやすいといった傾向は存在しない。むしろ著者の世代の人々の方が遥かに逆上しやすかった。その証拠に、少年犯罪は戦後下がり続け、今では往時の三分の一程度に過ぎない。この誤った前提で論を組み立てている以上、「数百年前よりもずっと統御がむずかしくなっている」という結論を是とするわけにはいかない。

 自分でしっかり調べた分野については地に足の着いた議論をしているが、印象論で語るところで粗が目立つ、といったところか。こういった不完全さが作品全体の評価を下げてしまうのはもったいないと思う。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2008/05/15(木) 22:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。