カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

502冊目 放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
(2003/01)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 今にも刺客の手にかかろうとしていた男は、奇妙な人物に命を救われる。

 奇妙というのは、年端もいかない少女なのに剣の扱いに長け、人間離れした運動能力を持ちながら、地理や国際情勢といった常識すらない。それどころか、自分がどこに居るのかも分かっていない始末。おまけに自分は男だと言い張るのだ。

 行く当ての無い少女は、男についていくことになる。

 この男の名は、ウォル・グリーク・ロウ・デルフィン。その正体はデルフィニアの国王である(序盤で明らかになるのではあるが、念のため白黒反転で)。刺客に命を狙われていた理由もこの正体にある。

 ウォルは艱難辛苦を乗り越えていくことができるのか。そして謎の少女の正体は。

 と、盛り上げようとするのだけれども一巻だとどうにもキリが良いところで終わっているわけではないのでなんとも物足りなさが残る。四巻で一区切りらしいので、本来ならそこまで読んでから評価をするのが適切かもしれない。

 ただ、どうにも作られた世界っぽさが出てしまっているのはマイナス。ウォルを取り巻く情勢もご都合主義的設定が散見されてしまう。キャラ造形ははっきりしているのだけれども終盤で出てくるおっさん以外にはあまり魅力を感じられない。

 後書きで絶賛されているが、そこまでの高い評価はできかねる。

 まあ、後書きは絶賛するためにあるものだが。
関連記事
スポンサーサイト

SF・ファンタジー | 2008/05/08(木) 23:19 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


その国王様にはロイエンとかミッターみたいな家来がいますね
その人たちも面白いと思います
2009/01/31 土 21:35:10 | URL | カオスさん #il1EYvco編集
>名無しさん

実は続きを読んで無いのですよ・・・・・・
面白くなるなら読んでみようか、見まいか。
一冊目の感想からだと、続きを読む気はあまり起こりませんでした。
2009/02/02 月 22:04:15 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。