カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

490冊目 確率と統計のパラドックス―生と死のサイコロ
確率と統計のパラドックス―生と死のサイコロ確率と統計のパラドックス―生と死のサイコロ
(2004/12)
スティーヴン セン

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 残念なことに、人間はそんなに客観的な生き物ではない。本当に人間が客観的に判断できるなら宝くじなんて成り立たないだろうし、朝鮮半島への送金機関にすぎないパチンコ屋があれほど暴利を貪ることが可能にもなっていない。誰もが他人に降りかかる損は自分と無縁だとの根拠の無い自信を持ってしまうことが、これらを招いている。

 どうすれば世界を客観的に判断することができるのだろうか。その答えは、統計学にある。本書は統計学の発展の歴史を、数学者達の来歴と併せて紹介している。

 数式こそ出てこないが、かなり突っ込んだ話もしているので、一部の人は統計学の授業を思い出すかもしれない。しかし、取り上げている例がなかなかに面白いものが多いので読み物としても楽しめるようになっている。なぜ統計と確率がセットで語られるのかも分かるのは利点ではないか。

 ただ、パラドックスと銘打っている割にはパラドックスの紹介は少ないのが残念。それでも不思議に思える話題はある。例えばこうだ。

 子供が二人いることが分かっている人に、「男の子は居ますか?」と聞き、「はい」という返事を貰ったとする。この場合、もう一人の子供が女の子の確率はどれくらいか。答えは、50%ではない。67%になる。ところが、「上の子は男の子ですか?」と聞いて「はい」と言われた場合には、下の子が女の子の可能性は50%になる。うーん、面白い。

 医療の分野でどれほど統計が必要か、という点についてもかなりの紙幅を割いており、健康というものがどのようなものかと考えるのには役に立つと思う。
関連記事
スポンサーサイト

数学 | 2008/04/03(木) 23:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。