カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

489冊目 ウマ駆ける古代アジア
ウマ駆ける古代アジアウマ駆ける古代アジア
(1994/03)
川又 正智

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 古より人と共にあり、人の歴史を大きく変えた存在。それがウマである。

 ウマが占めた高い役割から、ウマに関する記録は事欠かない。ある時には有力者の墳墓に埋められ、ある時には戦争の原因ともなり、ある時には諺となってきた。馬氏の五常、白媚最も良し、とか。

 本書では、古代においてウマと人が辿った歴史を大まかに辿っている。具体的に言えば、西暦1年より前の時代である。考古学の成果を頼りに人類のウマ利用の歴史を辿ることで、ユーラシア大陸に跨る人類史を追いかけることになっているのが興味深い。

 ウマが飼育され始めたのは紀元前4000年ほどのことらしい。食肉用として飼われはじめたウマは、やがて馬車を引くようになり、更には騎馬へと進化していった。進化の過程で与えた人類社会へのインパクトの大きさは、本書が説くのが正しいとすると信じ難いほどのものだ。具体的には、遊牧という生活様式を生み出したこと。遊牧というスタイルの完成が持った力は、俄かには信じられないくらいだ、ということだけ指摘したい。

 歴史好きには面白いエピソードがちりばめられているのも魅力である。中国の戦国時代における趙の武霊王による胡服騎射の導入(ただし、騎馬そのものは以前からあったという指摘には自分の思い込みを正された)や、エジプトのラムセス二世とアッシリアの戦争などを読むにつけ、ウマの与えた影響の大きさを実感した次第。

 やや古い本なので手に入りづらいとは思うが、歴史好きなら手にとって損は無いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2008/04/01(火) 23:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。