カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

488冊目 ハンガリーを知るための47章―ドナウの宝石
ハンガリーを知るための47章―ドナウの宝石 (エリア・スタディーズ)ハンガリーを知るための47章―ドナウの宝石 (エリア・スタディーズ)
(2002/05)
羽場 久美子

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 あなたはハンガリーについて何を知っていますか。そんなこと聞かれたらどうしますか。

 「ああ、ええと、ちょっと急いでますので失礼しますです」

 となってしまうのがオチではないか。私にしても、知っていることと言えば1956年のハンガリー事件くらいのもの。って、知るなら他のことにしろよ。もう一つ知っていることは行かなければ行けないということくらい。

 というくらい馴染みの無い国ではあるハンガリー。知らないからこそ全ての情報が興味深い。

 ハンガリー王国の主としてキリスト教の普及に努めたイシュトヴァーン王や、ハプスブルグ家のマリア・テレジアが団結を訴えるため即位直後に訪れた、といった歴史上のできごとから、二次大戦後の決して明るくは無い事実の数々を広く紹介してるので、ハンガリーという国を手っ取り早く知ることができるのは大きな利点だと思う。特に、ハンガリー出身の偉人や、周辺国との関係などは知っておいて損は無い。自国のことを知っている人を嬉しく思うのはどこの国もかわらないだろうから。

 また、1956年にソ連がハンガリーに介入し多くの犠牲者を出したハンガリー事件の簡単な経緯や、その後、共産圏に在ってユニークな発展を遂げたことなどはこの中欧の国に関する興味をかき立てる。政治家としては、1956年以降にハンガリーを率いたカーダール・ヤーノシュへの興味が尽きない。ソ連の後押しを受けながら、独自の自由経済、文化を持つことで一味違う国づくりをしたことは、困難な情勢にあっての見事な舵取りだったのだろう。トルコのアタチュルク同様、もっと紹介されて良い人物のように感じた。

 観光、食事、ワインや土産についての情報は素直に嬉しい。トカイ・アスーという貴腐ワインが楽しみになってきた。食事はどんなものか未知数だが・・・・・・。他にも、クラシックの分野で名を残すコダーイや、レオ・シラード、フォン・ノイマンといった科学者、放浪の数学者エルデシュらを輩出し、人口当たりのノーベル賞数では世界トップクラスというのは知らなかった。宇宙人は既に地球にやってきていて、ハンガリー人と名乗っていると言われるほど難しい言葉を操り天才が多いというのは伊達ではないのだろう。

 とはいうものの、流石に経済やら少数民族情勢などは読み飛ばすことになった。そこまでは頭に入れる必要が無いし。

 必要な情報を選んで読むのであればかなり役に立つのだが、全体を通して読むとなると不向きである。多くの著者が自分の得意な分野を書いているために全体として散漫になってしまっているのは否めない。ハンガリーに赴こう、という方にはそこそこ有益なのではないか。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2008/03/28(金) 23:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。