カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

481冊目 空気げんこつ
空気げんこつ空気げんこつ
(2001/10)
鹿島 茂

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 「空気げんこつ」というのは、鹿島茂が渋沢龍彦の文章から作り上げた言葉である。これ、なにをするものかと言うと、呪いの流体で相手を殴りつけるものです。

 決してお行儀の良いことではないのは分かりきっているが、お行儀の良さだけで人間ができていない以上は空気げんこつの有難さが分かろう。あなたも脳内でなら上司や部下を張り倒したことがあるはずだ。実際にやったら問題になることでも、脳内で済ませるなら問題なし。だったらやらない手は無い。

 これをかの鹿島茂がやっているエッセイ集こそ本書。

 フランスに関する深い知識が、彼の観察眼と結びついた時に、どのようなものが出るか。例を挙げれば、女性が自由にセックス相手を選べることと社会の自由度の関係、日仏淫乱度対決、才能と商売と、かなりなことになっている。

 例えば、文芸書が売れないのは、なんてことは無い、そんなもの読んでもモテないからだ。そう喝破されてしまうとすかっとするのは間違いない。

 私見によれば、ひと口に知的好奇心といっても、それには純粋な知的好奇心と不純な知的好奇心の二種類がある。前者は、いわば人間の業のようなものであるから、時代の知的レベルがどれほど落ちようと決してなくなることはない。(略)
 問題は、後者の不純な知的好奇心のほうである。太宰治を呼んで、時代病に冒されたかのごとくに深刻な表情を浮かべていた自意識過剰の文学青年(懐かしい死語)の心を探っていけば、かならずやその悩める姿で文学少女の関心をひきつけようとする下心があったはずである。


 うーん、この男が抱き勝ちな莫迦な妄想を笑える男がいるだろうか。ええ、わたくしめも胸の奥がズキズキと痛むものでありますとも。遠い日の自分の莫迦莫迦。

 敢えて言おう。本を読んでもモテません。どんなに博識になってもモテません。そんなのは、世の女性(にょしょう)の求めることぢゃあなゐのです。ええ、わたくしが身をもって証言致しましょうとも。

 日本に比べて、欧米の知的状況がまだましなのは、知のランタビリテに拘泥するスノッブがいまだに健在だからである。文化を支えているのは、実はスノッブなのである。この認識なしに日本文化の再興はありえない。


 こういうオチは、所謂センセイ方にはとても言えないことだ。高尚を自認する人は、自説や自論がスノッブの嗜好となると嫌がるものだろう。しかし、衒いなくスノッブが文化を創ると言ってしまう辺りに、凄みがあると思われてならない。また、随所に深い知識に裏づけされているであろう知識が出てくるのも面白い。やはりエッセイストは博識でなければならぬ。

 で、内容は良いんだが、なんだこの萌え絵は。なんだかターゲットを忘れたようなこの絵で誤解する人がいそうな気がする一冊。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2008/03/09(日) 23:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。