カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

455冊目 その死に方は、迷惑です―遺言書と生前三点契約書
その死に方は、迷惑です―遺言書と生前三点契約書 (集英社新書 393B)その死に方は、迷惑です―遺言書と生前三点契約書 (集英社新書 393B)
(2007/05)
本田 桂子

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 好むと好まざるとに関わらず、死はいずれ訪れるわけで、それには備える必要がある。十分な備えをしなかったばかりに、死を前にした自分の願いが叶えられないことは愚か、親族に無用な争いの種を蒔くことにもなりかねない、と指摘するのが本書。

 大した財産があるわけじゃないから、あるいは、うちは家族仲が良いから、といったような理由で遺言状などを遺さない人が多いようだが、そんなことはない、と公証人としての経験から指摘している。

 確かに、家族仲が良い、特に嫁姑間の仲が良いのは良いことに違いないが、それは自分が生きているから成立する関係であることは忘れないほうが良いのは間違いないだろう。うちみたいに嫁姑が絶対揉めないことが確実な場合はともかく(ブラックジョーク)。

 カネを巡っての争いなど無く、皆が故人の遺志を尊重する社会ならそんなことは必要ないかもしれない。しかし、残念ながらそうではない。僅かな遺産を巡っての争いは珍しいことではないし、そうであるからには法律も性悪説的に組み立てられざるを得なくなる。なので、実際に親族に争い無く故人の遺志どおりに相続が行われるとしても事は容易に進まない。というのは、故人の口座などは凍結されており、利用できるようになるまでは煩雑な手続きを経ないといけない。

 と、こうなれば確かに遺言は残した方が良さそうだ。何時でも撤回はできるので、遺言状があることによるデメリットはほとんど無い。むしろ、遺言状が無いことで生じる様々なデメリットを回避できるなら儲けもの、というのは分かる。

 家族が互いを尊重していれば争いは起こらない、というのは無茶な想定なのは、例えば私が家族で出かけたときに事故に遭い、一家全員が死んだとする。息子、私、妻の順で死ねば、我が家のつましい全ての財産が妻の両親の手に渡るわけで、これでは私の親族が面白くないと思うのは当然だろう。争いの種は常に有り得る、というのがリアルな考えだ。

 遺言状に加え、ボケた時、瀕死のときと、いずれも自分の意思表示ができなくなった場合に備えることの重要さについて警鐘を鳴らすと共に、これらの事態に備える具体的な方法について啓蒙してくれる本。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2008/02/26(火) 23:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。