カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

452冊目 ヒューマン・ステイン
ヒューマン・ステインヒューマン・ステイン
(2004/04)
フィリップ ロス

商品詳細を見る


評価;☆☆


 VIVAさんのエントリで読んだのがきっかけで手に取った本。アメリカにおける人種差別の問題と真っ向から取り組んだ小説である。

 地方の大学で古典を教えるコールマン・シルク教授が、全く出席しない生徒二人のことを他の生徒にこう尋ねる。『誰か名簿に載っているこの二人を知っていますか?いったいこの二人は幽霊(スプーク)か』

 特に問題はなさそうだ。日本だって幽霊部員なんて言葉があるし。

 ところが、このスプークという言葉には黒人を蔑む意味も持っていたことから、コールマンは人種差別主義者のレッテルを貼られてしまう。憤懣やるかたないコールマンはこの事態に断固として闘いを挑むが、一度撒かれた悪意の持つ力は圧倒的だった。結局、過労死のような形でコールマンの妻は死に、コールマン本人は大学に居られなくなる。

 世捨て人同然の小説家である主人公の元にコールマンがやってきたのはこのときだった。小説家としてこの不正を糺すよう、コールマンは主人公に命じるのだった。

 これが導入。アメリカには今も厳然として差別が暗い影を落としているのが分かる。政治的に正しい言葉遣いなんてものが必要なのは、その裏に悪意が存在するからだろう。そして、残念なことに、言葉を隠せば悪意や差別意識も隠れるだけの話。消えはなしない。

 人種差別主義が誤っているのは当然としても、僅かな言葉じりを捉えて他人にレッテルを貼るのは正しいことなのか。

 これが前段の問題となる。

 ところが、コールマンの怒りは解ける。彼の精神を平安へ導いたのは、若い掃除婦だった。片や教養を身に付けどんな困難も凌いできた71歳の元大学教授。決して生活に困ることは無い。もう一方は、養父の性的虐待から逃げ出した、無教養で離婚暦のある貧乏な女性。二人は例の薬品の力を借りてではあるが、逢瀬を重ねることになる。(何のクスリか分からんという人は近所の電柱100本くらいじっくり見てくること!)

 ここでもう一つの主題が出てくる。セックスによって平安を得るという、人間にとって当たり前のことを、老人が行ってはいけないのかということ。どことなく背徳感を感じずには居られないが、実のところ彼らが問題のある行動をしているわけではない。

 と言った感じで、アメリカの病理をごった煮のように放り込んであり、高揚感などを期待して読むと失望することになるだろう。ベトナム帰還兵、フェミニズム、人は莫迦である権利があるのか、等々。傑作なのは、ギリシャ古典を読んだ莫迦学生が、”女性が侮辱されている”といった程度の感想しか言えないあたりだ。フェミニズムと反知性主義の悪弊を上手く表現しているように思う。

 本書の中盤で、主人公はコールマンの過去に迫ることになるわけだが、そこで我々は皮肉な事実に直面することになる。黒人学生を侮辱したとして追放されたコールマン自信が、黒人だったのだ。

 コールマンはどのようにして黒人であることから逃れたか。このあたりは興味があれば本書に当たってみて欲しい。

 文章がとにかく冗長で、読んでいて飽きてくるのは残念だった。もうちょっと簡潔にまとめられるように思う。で、通常の人生と同じで、全て納得して胸のつかえが取れるということもなく、なんだか解決したのかしてないのか良く分からないまま話が過ぎていくのでカタルシスが得られない。それが小説の魅力だ!という方には向いているかもしれないが、小説よりもノンフィクション向けの散文的頭脳の持ち主である私にはちょっと期待はずれだったのが残念。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2008/02/22(金) 23:44 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。