カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

445冊目 ナポレオンを創った女たち
ナポレオンを創った女たち (集英社新書)ナポレオンを創った女たち (集英社新書)
(2001/10)
安達 正勝

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 コルシカ島の貧乏貴族の息子として生まれ、フランスの皇帝にまで登り詰めながら最後はエルバ島で毒殺されたナポレオン。

 そのナポレオンの生涯を語る上で欠かせない女性が3人いる。一人は母、もう一人はナポレオンが恋焦がれたジョゼフィーヌ、最後の一人は再婚相手のマリー・ルイーズ。本書は3人の女性を通してナポレオンの生涯を眺めることで、その栄光と破滅を描こうとする意欲作である。

 ナポレオンが大成するにあって、まずは母の影響が何よりも大きかったことがまず示される。次いで、ナポレオンの栄光の時代にあってジョゼフィーヌの存在がどれほどのものだったのかを解説し、没落の時期に当たるマリー・テレーズとの結婚生活にて本書の幕が降りることになる。

 著者が更に踏み込むのは、ナポレオンの定めた女性関係の法律が、実は今も広く影響を与えていること、とりわけ日本でもそうであるということ。男は外で働き、女は家庭にあって家を守れ。そんな家父長的(って古いな)な考えがフランス革命の際に成立し、ナポレオン法典で完成したことは実に興味深い。

 女性と社会との関わりという点では、本書は先に挙げた3人以外にも多くの女性を取り上げている。穏健派としてフランス革命に大きな影響を与えながら断頭の露と消えたロラン夫人や、ナポレオンの敵に回った手ごわい女性もいれば、反対にナポレオンに細やかな愛情を注いだ女性もいる。彼女らに焦点を当てることで異色のフランス史になっていて楽しめた。

 ただ、新書でフランス革命という複雑な事象を扱った上にナポレオンと女性達の関わりを書くというのは不可能なわけで、この辺りの流れを大まかに知っていなければ楽しみは半減するだろう。そんなわけで136冊目で紹介した『情念戦争』と併せて読むとなお面白いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2008/01/30(水) 22:53 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


ナポレオン絡みの女性、といえば真っ先に元婚約者のデジレ(仏将ベルナドット=スウェーデン王カール2世の妻)が思い浮かんだりします。デジレに対する負い目が、そのままナポレオンのベルナドットに対する引け目になっている点が非常に興味深いな、と。
そういうナポレオンの人間くさい点が若い頃は嫌いでしたけど、今なら好きになれそうな気がします(^^;
2008/02/05 火 02:35:00 | URL | オジオン #-編集

>>元婚約者のデジレ

元婚約者のデジレという女性が居たことは存じておりますが、その後の負い目というのは感じたことがありませんでした。

個人的には、エジプトでもロシアでも部下の苦境を放り捨てて自分だけは生き残ってしまうところが好きではありません(笑)

人間臭いといえば人間臭いのですけどね。

でも、それが昂じて部下の妻に手を出し、毒殺されるあたりはもうなんともいえないイヤンな感じです(笑)
2008/02/06 水 22:28:32 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。