カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

444冊目 東ゴート興亡史―東西ローマのはざまにて
東ゴート興亡史―東西ローマのはざまにて(中公文庫BIBLIO)東ゴート興亡史―東西ローマのはざまにて(中公文庫BIBLIO)
(2003/04/24)
松谷 健二

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 暗記が苦手な私にとって、社会科は鬼門だった。私が日本史ではなく世界史を選択したのは、なんと言うことは無い、日本史だと漢字まで覚えなければいけないという事態を避けるためだ。私が中国史で挫折に絶望にぶつかったのは言うまでもあるまい。

 そんな世界史選択者である私が知るゴートの全ては、そんな名前を聞いたことがある、という程度。その国については時代も分からなければ場所も分からない。

 マイナーだから仕方がないかもしれない。しかし、だからこそ読んでみようと思ったわけです。なにせ、知らないならあとは知ることばかり。重複なし。面白いではないか。

 と、安易に手に取ったのだが、これがまた実に難しい本だった。なにが難しいって、人名を覚えられない。なぜ人名が覚えられないのか。それは、ゴートがどのような国だったのかをざっと見れば分かる。

 地中海に覇を誇ったローマ帝国は東西に分かれるわけだが、その西の方を滅ぼしたのがフン族。フン族は、一説に匈奴の末裔とも、匈奴に追われて西方に移ってきた中央アジアの騎馬民族とも言われている。アッティラは結婚式の夜に鼻血が止まらずに死んだとの俗説で知られる。

 アッティラの死後、フン族の覇権はたちどころに失われる。民族同士の抗争が始まり、結局フンの衣鉢を継いだのがゴート族だった。更にこのゴート族が東西に別れ、その東側はついにローマを制するに至る。

 しかし、ローマが豊穣の地であることは他者の流入を呼び覚まさずには居られない。結局、100年も経たずしてゴートは東ローマに滅ぼされることになる。

 ゴートの興亡の歴史は、抗争の歴史であったわけだ。次々と主役が入れ替わり、脇役が思わぬ活躍をする。躍動感には溢れているのだが、おかげで一つのストーリーとして追いかけるのが難しい。それはファンタジーとは異なる現実の難しさで仕方の無いことなのだろう。ただ、わずか200ページで世界を理解させ、登場人物の生を感じさせるのが困難、ということかもしれない。

 前後の時代に興味がある、晋の七王の乱だってちっとも頭に入らない私にとっては難しすぎたか。

 それでも滅多に口の端に上ることの無い東ゴートの歴史に触れることができるのは嬉しい。異民族の入り乱れた戦乱の時代について触れられる機会には感謝したい。ただ、もうちょっと文章が分かりやすかったら有難かった。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2008/01/28(月) 22:46 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


お久しぶりです。
なかなか面白そうな本ですね~

>>暗記
実は、かなり得意です。
問題点は特定分野にしか発揮できない点ですけど(^^;

>>ゴート族
一番有名なのは東ゴート族のテオドリックですが、西ローマの名将・スティリコと激闘を繰り広げた西ゴート族のアラリックも有名ですね。・・・ただ、正直言って印象に残りにくいというか、グダグダ感が先行してしまう感じでしょうか。

確かに、西方ローマ帝国の滅亡からカール大帝の出現までは、中国史だと六朝時代を彷彿とさせるものがありますね。
2008/02/05 火 02:28:40 | URL | オジオン #-編集
オジオンさん、どこの歴史でも詳しいのですね。
感服ものです。

>>暗記
いやー、これがダメでして。
覚えようとしてもすぐ忘れるのがネックです。

>>ゴート族
ゴート族のテオドリックに加えて西ゴート族のアラリックについても話が出ていたのですが、どうにも複雑すぎてぐだぐだですね。

もっと”分かりやすい”歴史の方が私には丁度良いのかもしれません。

異民族が入り混じり、短期間で興亡を繰り広げる、というのはそういうことかもしれません。

考えると、三国志が人気あるのは、英雄達の子あるいは孫の代までそれなりの秩序があったから、という気がします。
2008/02/06 水 22:31:07 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。