カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

440冊目 インテリジェンス 武器なき戦争
インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)
(2006/11)
手嶋 龍一、佐藤 優 他

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 インテリジェンス、即ち情報戦は国家の死命を制す。

 日露戦争における明石元二郎大佐の謀略、独ソ戦開幕当時のドイツ軍の大攻勢も謀略戦に支えられたものだった。戦前の日本はその情報のほとんどを解読され、海軍軍縮会議で苦杯を舐め、やがては太平洋戦争の惨敗へと繋がった。

 しかし、情報戦は同時に通常の世界からは隠されたものでもある。新聞を読み、ニュースを見るだけではその姿を垣間見ることすらできない。情報を広く集め、正しく判断できる者だけが情報戦の勝者となれる。

 本書はジャーナリストと外務官僚として情報が集約される機関で活躍した二人の対談である。情報戦についてあるべき姿を思い描く二人が縦横に情報戦について語り合っている。

 ある時には日本の情報網が捨てたものではないどころか、世界でも有数のものであることが示され、またある時には余りにも常識からかけ離れた組織運営がなされたことへ苦言が呈される。事件としては大韓航空機撃墜事件であったり、911であったり、ソ連時代の高官についての秘密情報だったりするわけだが、それらの機微に触れる情報を如何に手に入れ、用いるかが議論される。

 恐らくは決して語られることのない深い背景と複雑な動きがあるのだろうが、それを理解しても一般人からは隠された秘密の世界で何が行われているかに触れられるのは知的好奇心をくすぐられる。

 本書のように日本の情報機関の問題を情報戦の渦中に居る人々が炙り出す本が、ベストセラーとして読まれることにはとても価値があると思う。私にはとても情報戦に加われるような頭脳も無ければタフさもないが、せめてその存在価値を認めることはできるようでありたいと思った。

 ただ、冒頭で互いを褒め合うような流れがあって、残念だった。特に佐藤優氏の方は鈴木宗雄との関係で毀誉褒貶が激しく、彼が有能な人物であることを示す必要があったのかもしれないがどうしても公開の場での馴れ合いに感じられてしまった。それが残念。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2008/01/15(火) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。