カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

33冊目 進化しすぎた脳
進化しすぎた脳

池谷 裕二著

朝日出版社 (2004.10)

\1,575

評価:☆☆☆☆☆

 脳はどのようにできているのだろうか。そんな問題を見ると途端に専門用語の吹き荒れる小難しい話を想像する人も多いだろう。ウェルニッケ野?ニューロン?ああ、もううんざりだ。

 そう思ってしまうには、残念なことに脳というとても複雑な器官について簡潔に書かれた入門書的な本に滅多に巡り合えないためではなかろうか。そんな人に朗報である。この本は、入門書として極めてよく書かれているのだ。

 本書は脳科学の研究者が、高校生達を相手に脳研究によってどのようなことが分かってきたのかを懇切丁寧に、なおかつ最新の情報を使って説明した講義の記録である。対象が高校生であるということは、実はとても一般に向いている。なぜなら、高校生までは殆どの人が理科の授業を受けてきたのだから、高校レベルであればついて来られるだろう、ということ。そして大学レベルだと専門用語がどんどん出てくるだろうが、高校レベルであるがゆえに難しい概念が極力避けられていること。この2点に加えて著者が話の妙手であることが、本書をとても魅力的なものとしている。

 例えば視覚の話。どうやってモノを見ているのか。実は、我々の目はとても性能が悪い。光を分析できるのは視野のごく一部に過ぎないし、形も正確に認識できる範囲はとても少ない。なのに、視野の端まで確かに色鮮やかな世界がある。ハードで足りない部分をソフトで補っているようなものだ。視覚情報は脳の様々な部位で分析されていて、その一部が壊れてしまうと大変興味深い現象が現れる。例えばアルツハイマーの話。アルツハイマーはどのような病気なのか。なぜ発生するのか。

 なにやら難しそうに思われるだろう。しかし、これを分かりやすく書いているところがとにかく凄いところなのだ。難しい話を難しく説明するのは簡単だが、難しい話を簡単に説明するのはとても困難なのだから。

 これだけ分かりやすい本には滅多にお目にかかれないのに、面白いのだから大したものだ。脳科学にちょっとでも興味のある方には是非お勧めしたい。また、多少脳科学に詳しい方でも最先端の論文の紹介などもあり、読んで損することはないと思う。
関連記事
スポンサーサイト

医学・脳・精神・心理 | 2005/01/12(水) 12:51 | Trackback:(3) | Comments:(3)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


はじめまして!こんにちは!
内容がとても興味深かったので、トラックバックさせていただきますm(__)m
2007/01/30 火 17:39:55 | URL | 涼微 #Wbk1lLzE編集

涼微さん、はじめまして。

脳はやはり人間性の全てが入っている臓器ですから読んでいて実に面白いものですね。
分かっていないことが多いというのも好奇心をかきたてます。

新書にも落ちたようで、更に読者が増えることを願ってやみません。
2007/01/30 火 23:56:19 | URL | すかいらいたあ #-編集

レス有り難う御座いますm(__)m

そうですね!脳について知れば世界が広がるので、それを知ることは、一般教養並みに大事ではないかと思われます。

2007/01/31 水 01:30:14 | URL | 涼微 #Wbk1lLzE編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人間がコンピュータに勝る脳力って、「ひらめき」だそうです。人はどうやったらひらめくんでしょうか。
2006/06/18 Sun 16:55:37 | 本を読もう
『進化しすぎた脳』池谷裕二  脳科学の入門書ですが、異様にわかりやすいです。  ...
2006/12/29 Fri 18:04:50 | ish☆走れ雑学女ブログ
採点85点項目第1章 人間は脳の力を使いこなせていない  講義をはじめる前に  みんなの脳に対するイメージを知りたい ほか第2章 人間は脳の解釈から逃れられない  「心」とはなんだろう?  意識と無意識の境目にあるのは? ほか第3章 人間はあいまいな記憶し....
2007/01/30 Tue 17:36:07 | 書評ぽーたる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。