カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

414冊目 ユーモアのレッスン
ユーモアのレッスンユーモアのレッスン
(2003/06/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る



評価:☆☆


 兎に角、第一章のユーモア問答がダメ。ひたすらダメ。このダメな章が最初にあるというそれだけの理由で放り投げた読者が3割はいると思う。

 いや、只のユーモア解説なのだが、古来笑いを解説するという行為が面白かった例がない。そして、残念なことにユーモアがどのようなものかという解説に成功したからといって、ユーモアを使いこなせるわけではないということだ。それは投資の本を読む人の殆どが貧乏人であることや、モテる秘密について読む人が非モテであることからも分かるだろう。

 解説が終わってユーモア紹介になるとようやく面白くなる。といっても、ユーモアなのかジョークなのか、垣根は曖昧だ。つまるところ、『世界の日本人ジョーク集』とか『世界の紛争地ジョーク集』のようなものである。

 で、比べると余計な贅肉が付いている分こちらの評価が下がるのは仕方があるまい。

 また、随所で教養をひけらかすような表現があり、面白くない。他人を莫迦にするのは楽しいけれど、他人から莫迦にされるのは面白くないのは当然だろう。それはたとえばこんな表記から感じられてしまう。知っていることで面白さが増えるものの例として、

  花のるす悠然としてシラミを見

がある。”悠然として”がキーワードで、すぐに陶淵明の有名な詩句「悠然として南山を見る」が頭に浮かばないようでは、この句を楽しむ資格がない。庶民といえども、それくらいの教養はある。
P.212より


 ねえよ。悪かったな。

 昔の日本人のユーモアを紹介しているわけだけど、そんな昔の人々の知識というか常識についていけないのは当然で、そうなると解説が必要になる。

 笑いは他の感情と同じく文脈に依存する。しかし、他の感情と違って短いセンテンスでも威力を発揮するからこそジョーク集は面白いのだ。ジョークの解説を読んで笑うようなヤツがいるわけがないので、それが更に本書の魅力を減じることになる。

 2章の前半だけ読めば楽しめるので、立ち読みでそこだけ読む分には良いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2007/11/17(土) 23:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。